これって愛なの...?!【束縛する男性心理】とその対処法って?

拡大画像を見る


束縛は「愛されている証拠」として、簡単に片付けられる問題ではありません。今回は、束縛する男性心理とその対処法を紹介します。恋人からの束縛に頭を悩ませている女性は、ぜひ参考にしてください。


劣等感が強く不安になりやすい

恋人を束縛する人は、自分に自信がないことが多いです。不安な気持ちから恋人を束縛してしまうのです。束縛することでしか、恋人を自分の元に繋ぎ止める方法がわからないのです。対処法としては、彼の自己肯定感を高め、愛情表現をしっかりすること。できるだけ彼を褒めたり、彼を好きな気持ちを伝えるようにしましょう。


自分の物として独占したい

世の中には、恋人をまるで自分の所有物のように考える男性もいます。考え方としてはかなり幼稚で、お気に入りのおもちゃを誰にも貸したくない子どものようなもの。恋人は自分の物だと考えているので、束縛することにも罪悪感がないタイプです。対処法としては、彼の思い通りにはならないところを見せ、彼の物ではないことを認識してもらうことです。必要であれば、しばらく距離を置くことも考えましょう。


恋人を信用できない

自身の恋愛による過去のトラウマが影響していることもあれば、現在の恋人に裏切られた経験が理由でしょう。恋人を信用できないから、彼女の行動を制限することで安心したいのです。過去のトラウマであれば「私は裏切らないから」としっかり伝え、彼を安心させることが克服への近道です。あなた自身の裏切りが原因となると、そう簡単に相手を信用させることできません。彼に誠意を見せ、時間をかけて信用を取り戻すようにしましょう。


恋愛だけに依存してしまう

このタイプの男性は恋愛にのめり込みやすく、恋愛以外には関心が低いのが特徴です。生活のほとんどが彼女中心で、彼女のことばかり考えてしまう傾向があります。そのため、彼女にも自分のことだけを考えてほしいのが本音!束縛という形で彼女の目を自分に向けさせようと必死になるのです。対処法は、恋愛以外に夢中になれることを彼に見つけさせること。あなた自身も、恋愛以外の時間を大切にするようにしましょう。
束縛する男性心理と対処法は参考になりましたか?心当たりがあれば、しっかり対処したいですね。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 4/23 8:45
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます