ピンク業界への「休業要請」で“地方出稼ぎ嬢”が再び急増!?

拡大画像を見る

 東京都は21日夜、緊急事態宣言発出を政府に要請。時短営業や休業要請の対象となる事業者の間で多くの懸念が渦巻いている。前回よりもより厳しい制限を出さなければ感染拡大は免れないと多くの専門家が口を揃える中、東京都はカラオケ店やピンク系店舗などの遊興施設への休業要請も検討していることを明かしている。

 休業要請の対象として挙げられた都内のピンク業界では、早くも来る緊急事態宣言に向け動きを見せているようだ。ナイトワークの派遣事情に詳しいスカウト業の男性に話を聞いた。
 
「在籍している店が要請に従えば、ピンク嬢は収入が途絶えてしまいます。そうすると地方の風俗店に“出稼ぎ”に行く女の子が増えるので、条件のいい地方店の枠はすぐに埋まってしまうんですよ。昨年の緊急事態宣言の際も常に満枠で、減収に苦しむナイトワークの女性が非常に多かった。そんな経験も踏まえてか、すでに“出稼ぎ”の問い合わせが入っています。“出稼ぎ”はお客様がつかなくても1日4万円程度の給料が保証されている案件が多く、今後の収入に不安を抱く女の子にはピッタリなんです。5月の連休中にガッツリ稼いでおきたいという兼業ピンク嬢も多く、既に何人か女の子を地方店に紹介しました。しばらくは“出稼ぎ争奪戦”の状況が続きそうです」

 東京を出なければ仕事がないという状況に、《地方に稼ぎに行くピンク嬢が増えて余計感染拡大しそう…》といった不安の声も聞かれているが、地方ピンク店に在籍する女性はこんな不安も漏らしていた。
 
「昨年の緊急事態宣言時も都内の出稼ぎ嬢が入店したことで、在籍嬢の私はほとんど予約を取られてしまいました。常連客からすれば、東京から来た若い新人を予約したくなるのはわかるんですけど…。地方在籍嬢の収入が減るのは目に見えるので、しばらく節約の日々を覚悟しています」

 出稼ぎ嬢の流入は、単なる客の争奪戦では片づけられないようだ。

(浜野ふみ)

*写真はイメージです

関連リンク

  • 4/22 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます