鈴木愛理、「ドキドキがあるシーズンだなと思います」ABEMA『恋愛ドラマな恋がしたい〜KISS or kiss〜』放送開始!

鈴木愛理が、5月1日(土)よりABEMAにて放送される『恋愛ドラマな恋がしたい〜KISS or kiss〜』に、新スタジオメンバーとして出演する。

同番組では、若手俳優が毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、“本当の恋をしていく様”を追いかける。番組内の恋愛ドラマで主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。役を勝ち取るために、相手役と稽古を重ねながら、台本に用意されているさまざまなキスシーンを演じていく。

今回、放送開始に先駆け、第1話から第3話までの新スタジオメンバーのお笑いタレント・ハリセンボンの近藤春菜、鈴木愛理、前シーズンから引き続きスタジオメンバーとなるPerfumeのあ~ちゃん、ジャルジャルの福徳秀介、GENERATIONS from EXILE TRIBEの小森隼の5名の合同取材を開催され、新シーズンの魅力や見どころを語った。

まず、はじめに収録で第1話を見届けた感想と、今回の見どころでもあるシリーズ史上初となる一般公募によって脚本化されたドラマについて聞かれると、あ~ちゃんは“出演しているみなさんの人間性が、第1話から伝わってくるくらい、前シーズンよりもクローズアップされているなと思いました。そこが面白いし、その人のことが好きになるなと思いました”と感想を述べ、ドラマ内のキスシーンについて“視聴者からの公募ということで、非常に夢が叶ったみたいな、本当に女性が好きなシーンでした。でも、そこはおさむさんが脚本化しているので、男女問わずキュンキュンしてもらえるんじゃないかと思います”とコメントした。

続けて、スタジオ初参加となる近藤は“ドラマをやることによる人の心変わりとか、そういうところもめちゃくちゃ面白いです。人のキスを見ているのっていいな、と。女性ホルモンが活発になりました!”と感想を語った。

また、福徳は“次のシーズンは前シーズンより面白くならないだろうと思っていたら、結局毎シーズンごと面白くて、見ごたえが違って。それぞれの面白さがあるので、今シーズンも面白くなる予感がします”と、毎シーズンごとに異なる番組の魅力と、今シーズンへの期待を寄せていた。

続けて、ドラマ原案が一般公募で選ばれたことにちなんで、スタジオメンバーのみなさんの理想のキスシーンやシチュエーションについて尋ねられると、小森は“2人で旅行に出掛けて、温泉なんか一緒に入りながら、いい景色を眺めてキス出来たら嬉しいなと思います”と回答。

ほかのスタジオメンバーから“急に硬派!”とツッコまれ、“理想をぶちまけてしまって、すみません!”と笑いを誘う場面も。

そして、近藤は、“生放送の時にフロアのディレクターさんが5秒前のタイミングで走ってきて、急に「チュ」ってキスされて、本番の最初数秒は私の呆然とした顔が画面に映る、みたいな。痺れるし、絶対その人のこと好きになっちゃいます”と刺激的な理想のキスシーンを語り、スタジオを盛り上げていた。

最後に視聴者に向けた今シーズン1番の見どころを聞かれると、以前から『ドラ恋』を見ていたという鈴木は、“今シーズンは、序盤から演技している時と普段のギャップがある人が多い印象でした。普段の様子とお芝居の時の、2つの魅力やドキドキがあるシーズンだなと思います”とファンならではの視点で見どころを語る。

また、小森は、“演じるペアが決まるまでのプロセスがちょっと違うだけでその脚本の色が変わったり、撮影に至るまでの人間模様が、今回はより見ている視聴者のみなさんと一緒になってハラハラドキドキできるものになっているんじゃないかなと思います”と新シーズンへの意気込んだ。

『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』

初回放送日程:2021年 5月1日(土)夜11時〜
放送チャンネル:ABEMA SPECIALチャンネル

▲番組オープニング映像

関連リンク

番組放送ページ番組公式Instagram

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/22 11:13
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます