STU48 石田みなみ&福田朱里[イベントレポート]絆の深さを語る「何かあった時にそばにいてくれる。代えがたい存在です」ドキュメンタリーブック発売記念オンライントークショーにて

STU48の石田みなみと福田朱里が、4月21日(水)に東京・SHIBUYA TSUTAYAで行なわれた<『STU48 4th Anniversary Concert Documentary Book
-瀬戸内からの声をのせて-』発売記念オンライントークショー>に登場した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

同書は、2021年3月13日に広島サンプラザホールで開催されたSTU48の4周年コンサートに密着したドキュメンタリーブック。

福田は“1人ひとり写真とインタビューがあって、みんながメインなので、誰推しの方でも楽しめる1冊です!”と自信たっぷりにアピール。

石田は“昨日の仕事に行ったら、みんな読んでいました! そこで、カッコいい写真だけど誰だかわからないショットが1枚あって、「誰!?」となって……”と、本書で盛り上がったことを明かした。

また、ミーティング風景が掲載されているページを見た福田は、“この写真の時は油断していました(笑)。こんなにめちゃくちゃ素晴らしい本が出来上がるとは思ってなくて……”と完全オフの姿が収められていることに驚きの様子を見せた。

イベントでは4周年コンサートを振り返りながらトーク。楽屋さながらの自然体での会話が続き、会場は笑顔と温かい空気に包まれていた。

お互いの好きなところも話題となり、石田は、悩んだ時に福田が連れ出してくれたエピソードを告白。“何かあった時にそばにいてくれる。代えがたい存在です”と福田への想いを披露。

さらに2人の共通点として“真面目なところ”と述べ、“うちらはベッタリはしてないじゃん。その距離感がいいんだと思う”と仲良しの秘訣をコメント。

今後の意気込みについて、福田は“ファンの方にたくさん会えるイベントをやりたい。5年目を迎えるにあたり、もっとみんなとコンサートをしたい! あとプロデュース公演をするのが夢なので、もっとスキルを上げていきたいと思います”と語った。

石田は“2期研究生と一緒にほとんど何もできていないので、もっといろんな企画やこういうトークショーなどをして、2期研究生との仲を深めていきたいです”と笑顔で想いを口にした。

『STU48 4th Anniversary Concert Documentary Book -瀬戸内からの声をのせて-』
コンサートに加え、リハーサルや準備期間のカットを交えながら、コンサートを追体験できるドキュメンタリーブック。

さらに4周年コンサートを前に、メンバー44名全員へのインタビューを敢行。1人ひとりが、これまでの活動やコンサートに向けた想い、その先の未来を語る。4周年記念コンサートへの想いが詰まった全160ページにわたる大ボリュームの1冊となっている。

仕様:B5判/160ページ
本体価格:¥2,420

関連リンク

販売ページ(Amazon)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/22 10:09
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます