「億ション婚」フジ久代萌美アナはさげまん!?YouTuber夫がオワコン化!

拡大画像を見る

『週刊文春』(文藝春秋)が報じた“女子アナステマ問題”に揺れるフジテレビアナウンス室。同誌は、4月15日発売号に続き、22日発売号でも続報を掲載。今春、『めざましテレビ』の新MCに就任した井上清華アナ(25)は合計で約90万円分、美容室とネイル、まつ毛エクステのサービスを無料で受けていたと報じられ、大きな波紋が広がっている。

 そんなフジアナウンス室に在籍する久代萌美アナ(31)は、人気2人組YouTuber・北の打ち師達のはるくん(25)と2020年12月に結婚。ゴールインから4か月、新婚ホヤホヤの2人はラブラブの生活を送っているという。

「4月9日発売の『FRIDAY』(講談社)では3月下旬、久代アナとはるくんが相合い傘で都内のマンションから出てきたところをキャッチしています。2人が出てきたマンションというのは、入籍と同時期に購入したという、都内一等地に立つ約1億5000万円のマンションだといいます。

 昨年6月25日発売の『週刊文春』(文藝春秋)では、久代アナとはるくんが痴話喧嘩をして警察沙汰になっていたと報じられていましたが、新しい愛の巣から相合い傘で出てくるとは、私生活は順風満帆そのもののようですね」(女性誌記者)

 私生活は絶好調の久代アナとはるくん。ただ、仕事面では必ずしも上手くいってはいないようだ。

「はるくんが活動する、北の打ち師達はここのところ再生数が稼げておらず、調子が良くないようです。100万回再生以上の動画も、ここ7か月は出ていない状況です」(WEB編集者)

■前年の同じ期間には5本のミリオンが出ていた

 北海道出身のはるくんと、ふぇると(25)で構成される北の打ち師達は2010年11月から活動を開始。長きにわたる活動でチャンネル登録者数は120万人(4月20日現在=以下同)、動画の総再生回数は5億回超えを誇る。

 押しも押されもせぬ人気YouTuberであるはずの北の打ち師達。しかし、100万回再生以上の動画は、2020年8月22日に公開された東海オンエアとのコラボ動画『【東海オンエア】俺らリサイタルズ ヲタ芸で表現してみた。【北の打ち師達】』で約182万回再生を記録したのを最後に、約7か月間出ていない。

「北の打ち師達は、2019年8月22日から昨年4月20日までの間に、100万回再生以上の動画は5本も出していました。1年後の同じ期間で100万回再生超えの動画はないどころか、10万回以下の動画も20本以上出ています」(前出のWEB編集者)

 北の打ち師達は、チャンネルの説明欄にも「縛り生活/24時間生活,1週間生活etc」と書かれているように、24時間生活や1週間生活企画が特に人気を集めている。

■人気企画も不発で万事休す?

 最近でも4月16日に『1週間晩酌生活!お酒が究極に飲みたくなる飯テロ動画。』を投稿しているように、最後の100万再生超えの昨年8月22日以降も24時間生活や1週間生活企画の動画の投稿は続いている。

「縛り生活の動画も数多く投稿されていて、昨年11月24日に投稿された『【岡崎へ】24時間”自動運転”の車で移動し続けたら楽すぎてヤバかったwww【東海オンエアに会えるのか?】』では、再生回数が97万回に達しており、好評なものもあります。ただ、この動画は以外は再生回数が今ひとつで、人気企画であっても。中々大当たりが出ていません」(前出のWEB編集者)

 北の打ち師達には、もう1つ得意としているジャンルがある。

「北の打ち師達は、なんと言ってもヲタ芸でしょう。ヲタ芸はアイドルや声優などのイベントで行われている独特な動きやダンスのこと。彼らはその技術力には定評がありますし、チャンネル内での最多再生記録1150万回を記録した2016年10月11日の『【君の名は。】夢灯籠 / RADWIMPS ヲタ芸で表現してみた【北の打ち師達 × JKz】Dream lantern Light Dance』をはじめ、彼らの人気動画の多くがヲタ芸ものです」(前同)

■一流タレントが大挙参戦! 競争激化のYouTube界

 前出のWEB編集者は続ける。

「元々北の打ち師達はヲタ芸から活動を始めていますし、最後に100万回以上の再生を記録した東海オンエアとのコラボ動画も、このジャンルでした。まさに北の打ち師達の伝家の宝刀とも言えるのですが、東海オンエアとのコラボ以降ヲタ芸動画は3本しか出ていません。爆発的に再生されるポテンシャルがある動画があまり投稿されていないのも、低調の要因になっているのかもしれません」

 2019年5月31日付の『ORICON NEWS』のインタビュー記事で、ふぇるとは「何を投稿しても見られないときって絶対あるんですよ。年に3回くらいあるんですけど、そのときは本当に苦しくて」と話している。

「以前から低調なタイミングはあったようですが、それにしても今回は7か月も100万回再生以上の動画が出ていませんから、トップYouTuberとしてはかなり厳しい状況と言えそうです。

 また、この7か月の間には、はるくんと久代アナの結婚という大きなトピックもあり、注目を集めるチャンスもあった。それにもかかわらず、低調が続いていて、一部からは“オワコン化している”という声も……。

 現在、YouTube界には、芸能界、テレビ界の一流タレントが大挙して押し寄せています。宮迫博之さん(51)など、片手間ではなく“YouTubeで成功する”と腹を決めてやっているタレントも多くなってきており、従来のYouTuberには厳しい環境になりつつあります。ただ、大人気YouTuberである北の打ち師達の不調が今後も続いてしまうと、久代アナがさげまんだと思われかねないでしょうね」(前同)

 YouTube界の生存競争は日々、激化しているようだ。

関連リンク

  • 4/22 7:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • ***

    5/14 13:22

    この人の仕事が順調に行こうが終わろうがどーでもええ事、知ったこっちゃないし。自分には何の利害関係も無いからな。

  • 終わってはいない。通常運転だし 100万回再生なくても十分稼いでる

記事の無断転載を禁じます