【スシロー肉祭】ローストビーフまぜそばに「追い肉ダブル」してみたら赤身の海! 大勝利すぎてひと足早くゴールデンウィークに突入するレベル!!

拡大画像を見る

回転寿司と言えば寿司! すなわち魚!! しかし、現在スシローで開催されているのが「肉祭」なるものだ。ローストビーフマウンテンにてりやきハンバーグ、桜肉のローストなどの肉寿司がラインナップされるこのキャンペーン。2021年4月21日から5月9日までのGW期間での開催となる。

邪道と言えば邪道なのだが、スシローにとっては肉もまた王道。ミートボールマヨ軍艦がマニアも認めるウマさであることは以前の記事でお伝えした通り。そこで私(中澤)も肉を祭るべく、ローストビーフまぜそばに「追い肉ダブル」してみた! ヒャッハー!! 赤身祭りじゃー

・追い肉とは

そう、今回の肉祭りでは「追い肉」というメニューが登場している。これは皿にローストビーフだけが乗ったもので、1皿150円(都市型店舗は170円)。さらに、量2倍の「追い肉ダブル」も300円(都市型店舗は320円)でタッチパネル注文することができる。

まずは、「ローストビーフまぜそば380円(都市型店舗は400円)」を注文するとそこそこしっかり肉が入っている。380円であることと麺とのバランスを考えると、これだけでも肉量が多めであるように感じるが……

スシローはきっとこう言いたいに違いない。「貴様の肉への愛を見せてみろ」と。OK、メッセージは受け取った。ならば私は黙ってダブル一択だ。そこで追い肉ダブルを注文してみたところ、300円でもガッシリした肉量。さっそく、まぜそばに入れてみたところ……

赤身の海

・すべてが肉になる

もはや麺が見えていたのは過去の話。すべてが肉に埋まってしまっている。っていうか、本当にここに麺は存在したのだろうか? 不安になったため掘り起こしてみると……

肉の地層の奥深くから麺が顔を出した! 隊長! 麺を……麺を発見しましたァァァアアア!! 肉の嵐に一夜にして飲み込まれた麺。我々は、積み重なる肉の地層の奥深くに文明を見た!

・味

遺跡発掘ごっこはさて置き、食べてみたところ普通にウマイ。元々、スシローの麺類はウマイことで知られているが、特にラーメン系は麺の味が結構本格的で安さを感じないのがグッド

さらに、肉の味が強いローストビーフに半熟卵を絡ませればもう勝ち確定。素材の時点で最強デッキに近いローストビーフまぜそばは「追い肉ダブル」でより強化されることが判明した。大勝利である。

・GWへ突入

なお、肉祭と同時に100円ネタのキャンペーンも開催されている。中トロや大切りうなぎ、生キングサーモンなどが100円(都市型店舗は120円)となるコスパ系。普段少し高めのネタが安く食べられるだけではなく、個人的には麹熟成サーモン、麹熟成あかいか、麹熟成びん長まぐろが身むちっとした食感でかなりウマかったのでぜひご賞味あれ。

肉とコスパに彩られたGWのスシロー。2つの祭の同時開催に攻めの姿勢を感じる。スシローはこう言いたいのかもしれない。「俺たちがゴールデンにしてやるぜ」と

OK、メッセージは受け取った。ならば共に行こうGWへ! そう、ウィークをゴールデンにするかは我々一人一人の気持ち次第。誰の胸の中にも等しくGWは存在するのだから。

執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

関連リンク

  • 4/21 18:00
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます