【心理テスト】運動会に出るならどの種目がいい? 「あなたの仕事の充実度」

拡大画像を見る

■QUESTION

もし運動会に出るとしたら、どの種目に出たいですか?

A:玉入れ

B:リレー

C:パン食い競争

D:フォークダンス

あなたはどれを選びましたか? それでは結果をみてみましょう。

この心理テストで分かることは?

「あなたの仕事の充実度」

運動会は、闘争心をむき出しにして参加するもの。そこが仕事と似ています。どの種目に出たいのかから、あなたがどんな働き方を求めるタイプなのかがわかります。そこから、今の仕事での充実度が導き出されるのです。

■A:「玉入れ」を選んだあなたは……

「仕事の充実度50%」

玉入れは、紅白の玉をどちらが多く入れたかによって勝負が決まる、シンプルな競技です。これを選んだあなたは、成果を上げた分だけ給料が上がる歩合制の仕事なら、充実度を得られるでしょう。そうでないなら、こんなにがんばっているのにみんなと同じ給料? と不満を持ち、充実度も今ひとつかもしれません。

■B:「リレー」を選んだあなたは……

「仕事の充実度70%」

運動会の花形競技であるリレー。これを選んだあなたは、職場の中で責任ある立場に身を置きたいタイプ。責任が重ければ重いほど、やる気が出るようです。自分なら絶対できると、自分を信じているのでしょう。難しい仕事をクリアして、周囲から称賛され、出世もしていけそうな仕事になら、充実度をかなり感じるでしょう。

■C:「パン食い競争」を選んだあなたは……

「仕事の充実度90%」

パンが食べられるパン食い競争は、おいしい仕事です。あなたは、何らかのメリットがある仕事をしたいと思っているでしょう。たとえば福利厚生がしっかりしているとか、ボーナスがたくさん出るといったうまみのある仕事についているなら、かなり充実度を感じているはず。たくさん稼いで、休みもしっかりとって、オンとオフ両方を充実させるのが、あなたの理想の働き方なのでしょう。

■D:「フォークダンス」を選んだあなたは……

「仕事の充実度10%」

フォークダンスは、人と競うことなく、みんなで仲良く踊る種目です。これを選んだあなたは、あまり仕事が好きではないようです。生活費や楽しく遊べるお金を稼ぐために働いているのだと、割り切っているのでしょう。仕事の充実度は低いですが、大変な仕事で心をすり減らすよりも、仕事以外の時間でリフレッシュすることを優先したいのかもしれません。

(紅たき)

※画像はイメージです。

関連リンク

  • 4/21 17:09
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • いち(

    4/21 19:28

    選択肢に綱引きが無い時点でもうね。

  • トリトン

    4/21 19:24

    Bやな。

  • 【C:パン食い競争】『仕事の充実度90%』ですって 扶養内のパート勤務で気楽だし自分のペースで働けるし有給休暇はもちろん、急な休みにも対応してもらえるし退職金もバッチリ!えぇ…大満足です

記事の無断転載を禁じます