手のひらに乗るサイズのコンパクトデスクトップ「Tiny Magnate IM」を発売

拡大画像を見る

 サードウェーブは、手のひらに乗るサイズのコンパクトデスクトップPC「Tiny Magnate IM」を、全国のコンピュータショップ「ドスパラ」各店舗とドスパラ通販サイトで4月15日に発売した。価格は7万6980円。

 Tiny Magnate IMは、容量0.62リットルの小型ケースを採用し、Intel Core i5プロセッサを搭載した小型デスクトップPC。HDMI、Display Port、USB3.2 Gen1(Type-C)ポートを活用して、デュアルディスプレイ出力や最大4K出力に対応。ビデオ会議の画面を4K大型テレビに表示させてもスムーズに動作する。
 幅115mm、奥行き115mm、高さ49mmで手のひらに乗るサイズの省スペースデザイン。重量も約700gで、置き場所を選ばず自由に設置できる。また、付属のVESAマウントキットを使用して、VESA規格対応ディスプレイの背面に取り付けることも可能となっている。
 スマホやタブレットの急速充電に対応したフロントマウントのUSB 3.2 Gen2 Type-Cポート、背面に、Altモードで外部ディスプレイ出力可能なUSB3.2 Gen1 Type-Cを搭載。コンパクトモデルながら様々な作業をサポートする多彩なポートを揃えている。
 HDMI+USB 3.2 Gen1 Type C、またはDisplay Port+USB 3.2 Gen1 Type Cの組み合わせでデュアルディスプレイ環境を構築可能。また、4K出力も可能なため、お茶の間での動画視聴やテレワーク時のビデオ会議でもスムーズな動作を実現する。

関連リンク

  • 4/20 17:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます