高橋一生、『るろうに剣心 最終章』桂小五郎役に 村上虹郎&安藤政信も出演決定

 俳優の佐藤健が主演する大ヒットシリーズ最新作『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』の新キャストとして、高橋一生、村上虹郎、安藤政信の出演が発表されビジュアルも解禁となった。『るろうに剣心』シリーズ最後となる「The Beginning」において、動乱の幕末に命を懸けて戦い、剣心と関わり合う重要な人物たちとして、高橋が桂小五郎役、村上が沖田総司役、安藤が高杉晋作役をそれぞれ演じる。

 本作は、和月伸宏の漫画『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』(集英社ジャンプコミックス刊)を大友啓史監督が実写化した劇場版シリーズ。「最終章」では、原作の最後のエピソード「人誅篇」をベースに、シリーズ最恐の敵・縁との究極のクライマックスを描く「The Final」と、原作では剣心が過去を語るかたちで物語が進む「追憶篇」をベースに<十字傷の謎>に迫る「The Beginning」の2部作を描く。

 シリーズの主演・佐藤をはじめ、武井咲、青木崇高、蒼井優、土屋太鳳、江口洋介らが続投。新キャストとして、今回の3人のほか、最恐の敵・縁役に新田真剣佑、雪代巴役に有村架純もすでに発表されている。

 今回新たに発表された3人について、高橋は“人斬り抜刀斎”が誕生するきっかけとなる長州藩志士の桂小五郎、安藤は桂と同じ長州藩志士の高杉晋作を演じる。今回解禁となった桂と高杉のビジュアルは、桂と高杉によって剣心が見い出される、まさに剣心の運命が大きく変わる場面だ。また、村上は若くして天才剣士と称えられるほどの武闘派である新選組一番隊組長の沖田総司にふんする。ビジュアルは、剣心を鋭い眼光でにらみつけながら剣を交わす沖田の姿を捉えている。

 桂小五郎役の高橋は「大友監督とは3作目なのですが、また大友組の中でお芝居ができることに、ありたがみと面白みを感じていました。桂を演じるうえで、剣心の心の動きを観察するよう心がけていましたが、佐藤さんは、常に“剣心”としてそこにいらっしゃるので、安心してお芝居ができました」と撮影を振り返る。

 沖田総司役の村上は「沖田総司という人物を演じられることは、この上なく幸せだなと思います。オリジナリティーを大事にするよう意識しつつ、とにかくアクションは頑張りました。今回の『剣心』は今までと違って『人斬り抜刀斎』なので、剣心としてまとう空気や、健くんが目の中に宿して見つめるものが違い、印象的でした」とコメント。
 
 高杉晋作役の安藤は「大友監督には、個性的で勢いのあるエネルギッシュなイメージを持っていました。そんな方と一度sessionしてみたかったので、オファーがきて素直に嬉しかったです」と喜びを明かしている。

 映画『るろうに剣心 最終章 The Final』は4月23日より、『るろうに剣心 最終章 The Beginning』は6月4日より全国公開。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 3/2 7:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます