「どう考えても東出昌大」!唐田えりか連載最終回「戦慄のラスト3行」!!

拡大画像を見る

 4月15日、株式会社日本カメラ社は月刊誌『日本カメラ』の休刊を発表した。また、同社は4月30日もって解散することになるという。

 4月20日には『日本カメラ』の最終号となる2021年5月号が発売された。2020年12月発売の『日本カメラ』1月号にスタートした女優・唐田えりか(23)のエッセイ連載「Mirror」も今号が最終回となる。

 唐田といえば、2020年1月に俳優の東出昌大(33)との3年にわたる不倫関係が報じられ、芸能活動を自粛。約1年間の沈黙ののち、同誌の連載で活動を再開した。

「しかし、雑誌が休刊してしまうということで、唐田の連載も今回の第5回で最終回を迎えることになりました。

 連載は“フィルム好きの女優がつづる写真エッセイ”というコンセプトで、唐田がフィルムカメラで撮影した写真とエッセイで構成されています。今回が最終回ということで、それを意識した内容になっていますが……何とも衝撃的なんですよね」(女性誌記者)

■不倫交際時はフィルムカメラで“匂わせ”

 エッセイの冒頭では、連載をスタートするにあたって「言葉との向き合い方」についてあらためて対峙することができたとつづり、さらに写真、特にフィルム撮影の写真への思い入れにも言及している。

「唐田は以前からフィルムカメラが趣味だと公言していて、過去のインタビューでは“フィルムカメラでは好きな人しか撮らない”と話していたこともあります」(前出の女性誌記者)

 唐田は東出との不倫交際中、自身のインスタグラムに2人が共演した映画『寝ても覚めても』のオフショットとして、フィルムカメラで撮影した東出の写真を複数投稿。不倫が発覚後、これが交際を“匂わせ”ているのでは、と炎上し、バッシングを受けてしまった。

「唐田は『Mirror』の連載初回で“習慣でカメラを持ち歩いていたけれど、写したいと思う瞬間が訪れなかった”ともつづっていました。この一文があまりにも意味深で“東出への思いを吐露しているのではないか”とも言われました。

 ただ、最終回ではさらに踏み込んでいると思える文章がつづられているんです。特に最後の3行は衝撃的なもので、読んだ瞬間に背筋がゾクっとしてしまったほどです……」(前同)

■どう考えても東出しか浮かばない

 ラスト3行は、ある大切な人への“感謝”と“別れ”を告げる内容になっている。

「両親やきょうだい、不倫報道時に彼女を守ってくれた所属事務所の関係者、影響を受けた先輩女優などのこととは、どう考えても受け取れない表現、言葉を使っているんです。読んだ多くの読者が、確実に東出のことを思い浮かべてしまう、衝撃の3行になっています。

『日本カメラ』は休刊し、唐田の連載も今号で終了します。彼女もこれを区切りに、女優人生を再び歩んでいくのでしょう。

 ただ、それにしても今回のエッセイのラスト3行は衝撃です……。それだけの覚悟で再スタートを切る、という唐田の強い意志の表れなのかもしれませんね」(前出の女性誌記者)

 エッセイ最終回で東出との完全決別を宣言し、唐田は新たな道を歩んでいく!?

関連リンク

  • 4/20 12:32
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • そんで、その3行って?? こんだけ煽っておいて、その3行を書かないってどういうコト?? クソ記事たな!💢

記事の無断転載を禁じます