公開延期から1年…劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』はイケメンスナイパー赤井秀一のファミリーが大活躍!でも予習は必要だよ

拡大画像を見る


【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』(2021年4月16日公開)です。1年遅れでやっと公開! コナンファンは待ちわびたことでしょう!

私は名探偵コナンの映画は、少し観ているくらいのほぼビギナー。

そんな超にわかファンの私でも劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』を楽しめるのか?という目線で、公開初日に劇場で観てきました! 

これが、けっこう予習が必要な映画だったんですよ。まずは物語から。

【物語】

世界最大規模のスポーツの祭典「WSG-ワールド・スポーツ・ゲームス-」が東京で開催されることになり、その開会式にあわせて、最高時速1000キロを誇る「真空超伝導リニア」が新名古屋駅と東京に新設される芝浜駅間に開通されることに。

しかし、その大規模なイベントを祝うパーティ会場で、スポンサー企業のトップが相次いで拉致される事件が発生してしまう。これは過去にWSG開催国で起こった事件と同じ。果たして犯人の目的は?

【キーパーソンは赤井ファミリー!】

劇場は”コナンファン”の女性でいっぱいでした。

コナンくんは当然人気がありますが、劇場には今回のキーパーソン、赤井ファミリーのイケメン赤井秀一目当ての女性も多かったようです。

この赤井家はけっこう複雑な家族関係であると聞いていたので、私は事前に少し予習していったのですが、それでもときどき「???」となりました。

ビギナーはヴィジュアルも含めてしっかり赤井ファミリーの関係性を押さえておきたいところなのでざっくり紹介。

1:赤井秀一と沖矢昴

赤井秀一はFBIの諜報員ですが、死んだことになっていて、普段は沖谷昴と名乗っており、ルックスも違うんです。

赤井のときは凄腕スナイパーとして黒づくめでクールな装い。しかし、沖谷のときはメガネ男子という全く異なるルックス。見慣れないせいか、一瞬「誰?」となってしまいました。

2:弟の羽田秀吉

プロ棋士。頭がよく推理力もハンパない。恋人は警視庁の宮本由美府警(本作でも何気にイチャイチャ)。秀一=沖谷であることを知っています。

3:妹の世良真純

コナンこと工藤新一と同じ高校に通っており、新一=コナンだと疑っている(知っている?)運動神経が抜群でアクションがすごい。

4:兄妹の母メアリー

イギリスの秘密諜報機関MI6に所属。コナンと同じように体が小さくて少女のようですが、クレバーな諜報員といった様子。黒の組織にコナンと同じ薬を盛られて体だけ子供になったらしい。

5:兄妹の苗字が違う理由

元MI6の父が亡くなったから。メアリは家族を守るために世良と名乗ることにしたとか。秀吉は棋士として羽田家の養子になったため羽田性。秀一だけが、なぜか父の性を名乗っているんです。その秀一=沖谷であることを真純とメアリーは気づいていない。

本作では赤井ファミリーが、企業のトップが次々拉致される事件にからみ、事件解決へコナンと共に奔走する~というのがこの物語のメインストーリーです。

【事件解決に赤井ファミリー総動員で大活躍!でも…】

お偉いさんが拉致されるのはなぜなのか。その謎は過去の事件に鍵があります。国を巻き込むテロに見えるけれど、映画が進むにつれてコナンたちが迫っていく真相にある意味びっくり。

見どころは後半に用意されている大暴走するリニアモーターカーでのエキサイティングなシーン。

コナンは推理ドラマのイメージがありますが、劇場版のアクションシーンは本当にスリリングなので、スクリーンで見て正解!

が、私はファンの多い赤井秀一が「どんなにかっこいいのだろう!」と楽しみにしていたのですが……。

ネタバレになるので多くは語れませんが、赤井家みんなに活躍の場を与えたからか、秀一の見せ場は思ったよりも少なめ? 

後半に赤井秀一は超絶なスナイパーぶりを見せてくれて「おおお!」となったものの、もっと活躍の場面が見たかった。

大活躍は次の「緋色」シリーズまでおあずけでしょうか。

印象的だったのは、赤井家の小さな母・メアリーの強さ。『名探偵コナン』も多様性の時代を意識しているのかもしれませんね。

【マニアはいろいろ深読みできる内容】

映画を見終わったあと、感想をあれこれチェックしていたら、コナンのファンはいろいろ深読みされていて、すごい!

「秀一は死んだ」と思っていたメアリー母さんですが、セリフひとつでファンのみなさんは、母と息子の関係性について語っていたりといろいろ深読みできるのが『名探偵コナン』シリーズの楽しみ方でもあるのですね。

ちなみに公開1週目で爆発的なヒットスタート。前作『名探偵コナン 紺青の拳』は、興収93.7億円(2021年4月/興行通信調べ)いきましたが、本作は前作超えなるか? 見守っていきたいと思います!

執筆:斎藤 香(c)Pouch

『名探偵コナン 緋色の弾丸』
(2021年4月16日より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー)
原作:青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督:永岡智佳
声の出演 江戸川コナン:高山みなみ、毛利 蘭:山崎和佳奈、毛利小五郎:小山力也、赤井秀一:池田秀一、スペシャルゲスト:浜辺美波、阿笠博士:緒方賢一、吉田歩美:岩居由希子、小嶋元太:高木 渉、円谷光彦:大谷育江、灰原 哀:林原めぐみ

関連リンク

  • 4/19 17:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます