ドルトムントCEOは欧州スーパーリーグへ否定的…バイエルン&ライプツィヒも同調

拡大画像を見る

 ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOは、欧州スーパーリーグに対して否定的な立場を表明した。19日、ドイツメディア『DW Sports』が伝えている。

 欧州スーパーリーグは18日にスペイン、イングランド、イタリアのリーグに所属する12のビッグクラブによって創設が発表された。最初のシーズンに向けて今後さらに3クラブが創設クラブとして加わると報じられていた。

 しかし今回、ヴァツケCEOは、欧州各国のクラブが加盟する欧州クラブ協会(ECA)の理事会が同リーグの計画を否決することで合意したとの声明文を発表。さらに「バイエルンとドルトムントの両チームは、今回の会合において100パーセント一致した意見を持っている」と述べ、ブンデスリーガの強豪2クラブとしてスーパーリーグへ参加する意思がないことを明らかにした。

 また、今回のヴァツケCEOの発表を受け、ライプツィヒの関係者もスーパーリーグへ否定的な見解を抱いていることも明らかに。イタリアのジャーナリスト、ファブリツィオ・ロマーノ氏が自身のSNSで伝えている。

関連リンク

  • 4/19 20:07
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます