松たか子『大豆田とわ子』岡田将生vs角田晃広の激闘も…伊藤沙莉ナレ乱発に疑問符

拡大画像を見る

『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ・フジテレビ系)の初回が、想像のナナメ上をいく演出でびっくりしている。視聴率は番組平均視聴率が関東地区で世帯7.6%、関西地区で世帯10.0%。ただ、私個人としては、数回脱落しそうになった。

 内容・主要キャストの演技は、じゅうぶん興味を惹かれるのである。松たか子(43)のマゴマゴした感じや、登場してすぐ詐欺師の香りが漂っていた斎藤工(39)。3人の元夫を演じる松田龍平(37)、東京03の角田晃広(47)、岡田将生(31)もそれぞれ面倒くさいキャラの区分けができていて、とても分かりやすい。

 特に、ふだんは下からなのに、だんだん図に乗ってくる角ちゃんの絶妙なウザさ。コントで鍛えている間の良さで、見事にイライラ&クスクスさせられた。彼と岡田将生との口ゲンカシーンは、毎回のお約束シーンになってほしいほど面白い。

 松田龍平は、『カルテット』(TBS系)共演の記憶も新しいからか、松たか子と並んだ図の収まりが別格。パズルのピースがハマった音がする感じすらある。しかし、だからといって最終的に彼と元サヤになるほど単純じゃない。先が読めないのが坂元裕二作品……。案外、超変化球で角ちゃんとラブラブになるかもしれない。

■第2話は岡田将生祭り?

 しかし今回、なにより誰より気になったのは、伊藤沙莉(26)のナレーション。私が何度か脱落しそうになった理由は、コレである。新しい試みとして面白いとも思うし、実際、SNSでは絶賛の声も多かった。が、これはもう好みの問題なので致し方なし。

 伊藤沙莉は好きなのだ。彼女の聞き心地のいい声をもってしても、あまりにもマメに入ってくるので、ちょっと困ってしまった。ナレーションでとわ子の感情を説明することで面白くなっているシーンももちろんあるので、あってもいいと思う。

 が、「◯◯する大豆田とわ子」という件は、もう少し減らしてもいいのでは。でないと、「大豆田とわ子」という名前に聞き疲れしてしまう。初回、大豆田とわ子と元夫たちの背景を説明する必要があったため、特別多かったのだろうか。今後、どう展開するのか、不安でもあり楽しみでもあり。

 第2話の予告を見る限り、ナレーションがどうなるかはまだ分からない。が、とりあえず、すき焼き祭り&岡田将生祭りっぽいので、とりあえず見逃せない。面倒くさい演技と、角田さんとのゴタゴタ口ケンカシーン、待つ。(田中稲)

関連リンク

  • 4/19 10:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます