掴んだCMも大炎上!苦労人・松本まりかに、EXITりんたろー。「なんとかしてあげたい」

拡大画像を見る

 4月14日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)で、松本まりか(36)が催眠術にかからないという悩みを明かした。「ホンマでっか人生相談」という企画で、松本が「どうしても催眠術にかかりたい」と言うと、MCの明石家さんま(65)は「は?」と困惑。松本が、昨年別の番組で催眠術をかけてもらったがかからなかったと語ると、さんまは「恋はしてるでしょ?」「恋は一種の催眠術でしょ」とロマンチストなコメントをし、スタジオを沸かせた。

 松本は、催眠にかかりたいと思う理由を「別世界じゃないですか。その別世界に行きたい」と熱望。以前、催眠にかかったことがあるという藤田ニコル(23)は、「私、恥ずかしがり屋なんですけど、恥ずかしくなくしてあげるって言われて」と切り出し、催眠術で芸人の1発ギャグやらされたが「恥ずかしくなかった」と語り、「今は絶対できない」と笑った。

 藤田を羨ましそうに見ていた松本に、生物学評論家の池田清彦氏は「催眠術にかかりたいというのは潜在的に誰かに操られる」「そういう欲望があるみたい」「だからもっと言うとそれってマゾってことですよ」と指摘。さんまは「きれいなマゾですねぇ」と言って、松本を照れさせた。

 認知科学評論家の中野信子氏は「まりかさんはもしかすると、外見は若く幼く見えるんだけども中身は結構、老成しているかも」と、松本のように自分を客観視できる人は催眠術にかかりにくいと語った。これに松本は「芸歴は長いんですけど結構ずっと暇だったので」「それでなんかいろんなことが分かっちゃったのかもしれないです」とこれまでの苦労をうかがわせる発言をし、これを聞いたEXITのりんたろー。(35)は「なんか切なくなっちゃったな」「なんとかしてあげたい」と同情的だった。

■松本以外が次々催眠術に…

 催眠術の実演では、これまで4000人以上に催眠術をかけたという催眠術師が登場。目が開かなくなる催眠をかけたが、松本は目を閉じたまま「これで開いちゃったらもうダメじゃないですか」と不安げ。催眠術師「でも開かないですよ」と断言したが、松本には催眠がかからず、なぜか見守っていたりんたろー。が「開かない、開かない……」と苦悶の表情を浮かべ、さんまから「おまえ余計なことすんな!」とツッコまれていた。

 最後にスタジオの出演者全員が、組んだ両手が離れなくなるという催眠術をかけられたが、これにかかったのは藤田ただ一人。やはり松本にはかからず、藤田を羨ましそうに見ていた。そんな松本に、視聴者からは「ニコるんが心底羨ましくなる松本まりかかわいいな」「りんたろー。さんいつの間に催眠術かかってたw」「松本まりかは自分でそういうのコントロール出できてしまいそう」「催眠術かからなきゃかからなきゃって焦りが見えるから難しそう」「気持ち分かる。私も催眠術かかってみたい」など、さまざまなコメントが上がった。

 現在公開されている鏡月焼酎ハイのCMでは『はじめてのチュウ』を歌っている姿は、「かわいい」と評判になったが、一部では「あざとすぎる」「苦手」と炎上してしまった松本。松本の芸歴は21年と長いがなかなかブレイクの機会がなく、2018年放送のドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)での怪演ぶりで注目され、昨年にはあざといキャラで大ブレイク。

 下積み時代15年以上という苦労人で、別のバラエティでは「15で仕事を始めてから20年間、興味を持たれない恐ろしさを味わった」「あまりに人生が退屈で、売れないって限界だな、売れないことに飽きた」と明かし、「嫌われるよりも興味を持たれないことが恐怖」と語っていた。ほんわかした美貌の松本だが、その芯には催眠術にかからないぐらい強靭な精神力があるのかもしれない。

関連リンク

  • 4/19 9:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます