「顔面激変」女優に新顔!『ダウト』中山美穂、「5年ぶり出演」北乃きいに仰天の声

拡大画像を見る

 4月12日に放送された、松下奈緒(36)主演のサスペンスドラマ『脳科学弁護士 海堂梓 ダウト』(テレビ東京系)。松下にとってテレ東ドラマ初主演の作品だが、それ以上に話題になったのが、“稀代の悪女”を演じた中山美穂(51)のビジュアルだったという。

「中山は80年代後半に、南野陽子(53)や工藤静香(51)、浅香唯(51)らとともに『アイドル四天王』と呼ばれる存在で、“ミポリン”の愛称で人気を博していました。しかし、2016年ごろからほうれい線や、顔がパンパンになっていたりと、“顔面変化”がネット上でささやかれていました。一時期は”椿鬼奴に似てきた“という声までありましたね」(女性誌記者)

 そんな中山だったが、今回の『ダウト』では役柄もあり、表情の演技も相まって、

《中山美穂こんな顔だったっけな?役的に薄化粧なのかな?》《中山美穂の表情筋が不自然すぎて顔ばっかり目が行ってしまう》《これまでのイメージと違ういい演技》

 と多くの反響が寄せられた。

「中山は4月30日からテレ東の『警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜 シーズン5』に、警視庁刑事部・捜査一課・管理官としてレギュラー出演します。中山にとってこれが初の刑事役ですが、ポスタービジュアルでの姿は実にキリッとしたベテラン刑事。放送開始は『ダウト』の2週間後なので、短期間でビジュアルのイメージがどんどん変わることになるかもしれません」(前同)

■朝の顔だったあの女優も!

 また、4月13日の『踊る!さんま御殿』(日本テレビ系)に5年ぶりに出演した北乃きい(30)にも、「顔変わった?」と反響が相次いでる。

「北乃は『ZIP!』(日本テレビ系)で14年~16年9月末まで総合司会を担当していましたが、その後はバラエティ番組に出演する機会が減少。しかし、19年7月に『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)にゲスト出演した際にも“顔変わった?”という声が出ていたほか、今年3月に『ZIP!』や『行列のできる法律相談所』に出演した際も、似たような声はありました」(前出の女性誌記者)

 北乃は10代のころから活躍していたこともあり、10代~20代中盤の、あどけない清純派女優のころのイメージが視聴者の脳裏に焼き付いているのも関係していると思われる。

「確かに“顔がパンパンになった”、という声や、“笑った時の目元の感じが変わった”という指摘もありました。フレッシュさがなくなってきた、ということかもしれませんが、もう30歳です。成熟した大人の女性になる転換期ですから、自然な変化だと思うんですが……」(前同)

■ストイックな役作りが誤解されてしまった

 北乃や中山に限らず、今年に入ってから、たびたび「久しぶりに見た女優の顔が変わっている!」というニュースが相次いでいる。

 1月には、『その女、ジルバ』(フジテレビ系)にて9年ぶりの連ドラ主演を果たした池脇千鶴(39)が、かつての清純派のイメージを覆す姿を見せて、大いに話題となった。

「池脇が演じたのは、“しょぼくれたアラフォーOLと伝説の高齢ホステス”の1人2役。池脇は役作りに入れ込むタイプの女優で知られていたし、実際に演技そのものは素晴らしかったんですが、ドラマに先駆けて1月6日放送の『クイズ!ドレミファドン!冬ドラマ豪華俳優陣が激突!新春SP』(フジテレビ系)に出演した際に、視聴者からは驚きの声が相次いでしまったんです」(専門誌記者)

 当時、池脇はあまりに変わった姿から、

《顔がたるんでる》《老けた》《劣化した》という声が相次いだ。

 もっとも、『ジルバ』劇中では回を重ねるたびに池脇はどんどん美人へと戻り、意図的な劣化だったことが後に判明。3月13日付の『文春オンライン』で関係者が、

「事前に顔のケアもせず、姿勢も悪くして生活するなど、わざとエイジングした」

「話が進むにつれ、どんどん綺麗になっていく主人公に合わせて、序盤は“オバサン”に映るように調整していた」

 と明かしており、番宣の収録タイミングが、いちばん作りこんでいた時期だった、というのが真相だったようだ。

■真木は妖艶にイメチェン

「同じく『ドレミファドン』に出演していた真木よう子(38)も、髪形がショートからロングに変わったほか、以前よりも鼻筋や涙袋が目立つメイクになっていたことから、こちらも話題になりました」(前出の専門誌記者)

 さらに、1月22日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の人気企画「本音でハシゴ酒」に登場した真木に対しても、「真木よう子だいぶ顔変わったね 今までのほうが親近感あったけど可愛いから良き」という声が合った。以前にもまして妖艶になった姿は、視聴者から好意的に受け入れられたようだ。

「しかも真木は、3月21日放送の『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレビ東京系)に出演した際は目を見開いて、口を台形に開けてゴリラのような強烈な変顔を披露。1発目の変顔は番組が自主規制で隠してしまっていて、“ややマイルド”に抑えたにも関わらず、ものすごい形相でした(笑)」(前同)

 かと思えば、同番組で訪れた老舗レストランでポトフを味わう際は、特にセリフがあるわけでもないのにポトフを食べる様子をカメラが寄って、ひたすら真木の顔のアップし続けていた。

 それでも、観ていられる。真木の“顔面力”の高さがよく分かる編集だった。

 役者は歳と共に変化し続けるもの。これからも、多くの女優に「変わった?」という声が上がるかもしれないーー。

関連リンク

  • 4/19 7:33
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 池脇の初めの頃の大バッシングはどこへやら…… 劣化とかオワコンとか言われ 結果、わざとにそう言う演出をして 結果、美人女優さんになれば 凄いだ、なんだとw 初期情報に踊らされすぎなんだよなネット民

記事の無断転載を禁じます