「開いた口が塞がらない」 田中みな実の悪評が大噴出中!

拡大画像を見る

 元TBSアナウンサー、田中みな実の快進撃が止まらない。写真集 を出せばバカ売れし、事務所を移籍しようが仕事は減るどころか増えるばかりだ。いまや女性のカリスマのような存在になったのだが 、その一方で悪評もチラホラ出てきた。テレビ番組では最近の若手女子アナに対し苦言を呈したところ、古巣のTBSからは「お前が言うな!」と総ツッコミが入っている。

 TBS退社後、宮根誠司や羽鳥慎一らが所属する事務所に入ったが、女優志望ということで昨年あっさり移籍。

「前の事務所も芸能界で大きな力を持っているのだが、すんなり移籍できたのは業界の大物を口説き落として間に入ってもらったから。 巧みな処世術でステータスはどんどん上がっている。」( 芸能事務所マネージャー)

 もはや敵なし状態の田中だが、一部週刊誌でプロ意識が強いあまりマネージャーが次々と辞めていることが報じられた。テレビの現場でもプロデューサーなど偉い人だけではなく、ADにも優しく声を掛け多くのファンを作ってきたが、“めんどくさい女”で有名だった。

「仕事モードの時は愛想は抜群なのだが、そうではない時はとにかくあれこれ要求が多く、めんどくさい女として名を馳せていた。オリエンタルラジオの藤森慎吾も束縛が強く、求められることが多いことに疲れ果て、逃げるように別れを選択した。」( 前出関係者)

 バッシング記事が出ようが田中は相変わらず絶好調で、ついにはあれほど嫌っていた女子アナのお局のような発言まで飛び出した。テレビ東京のバラエティー番組「あちこちオードリー」で、 最近の若手女子アナのタレント気取りが目立つことを批判し、「私が時代遅れなのかもしれませんが、あなたたちの本業はなんですか?って思います。」と言い切った。

 これに対し、苦笑いを浮かべるのはTBS関係者だ。「田中は在籍時からタレント扱いされ、私生活も藤森と付き合うなど派手だった 。そのためTBSの先輩女子アナたちに何度もきつく『女性アナウンサーとは…』と怒られ、退社間際にはアナウンス室に寄り付かなくなったほど。そんな経験をしたのに、 まさかそんなことを言うとは、開いた口が塞がらない。」

 若手女子アナたちからもさすがにこの発言にはブーイングが巻き起こっているという。飛ぶ鳥を落とす勢いの田中といえども、さすがに言いすぎてしまったのかもしれない。

  • 4/18 7:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます