Jr.EXILE世代がアニメに! HIRO「グローバルマーケットに挑戦していきたい」と意気込み

 EXILE HIROが18日、都内で行われた『BATTLE OF TOKYO』記者発表会にGENERATIONSの片寄涼太と関口メンディー、THE RAMPAGEの川村壱馬と吉野北人、FANTASTICSの世界、BALLISTIK BOYZの砂田将宏と共に出席。同プロジェクトについて「グローバルマーケットに挑戦していきたい」と意気込んだ。

 『BATTLE OF TOKYO』は、架空の未来都市「超東京」を舞台に「Jr.EXILE」世代のメンバー総勢38名それぞれをアバター化し、リアルとバーチャルを横断・融合する世界初の「Mixed Reality Entertainment」として本格始動。一人ひとりが自ら創造したキャラクターたちがアバターとなり、4つのチームとなってバトルを繰り広げていく。アニメ化やゲーム化することも決定しており、さまざまなデジタル・バーチャルコンテンツを展開していく予定だ。

 この日は、アニメーション声優の第1弾も発表。ZERO(≠白濱亜嵐)を梶裕貴、PARTE(≠関口メンディー)を木村昴、LUPUS(≠川村壱馬)を石川界人、LUCAS(≠吉野北人)を堀江瞬、TEKU(≠世界)を武内駿輔が担当することが分かった。

 壮大な構想のもと、本格始動する『BATTLE OF TOKYO』。企画・プロデュースのHIROは「今大画面で見ていて自分も興奮してしまいました。すごくワクワクしています」とした上で「各ジャンルのプロフェッショナルの方々に集まっていただいて、最高の作品が今のところ作れていますし、最高のスタートが切れると思います」と太鼓判を押した。

 さらにHIROは「この世界観のまま、世界に向けて発信していきたい。グローバルマーケットに挑戦していきたいなと思っています」と意気込み。本プロジェクトについては「スタートラインに立った感じ」とし「クレイジーな構想にさらになっていくのかな、と自分もワクワクしています。今、5%くらいです」とさらなる展開を覗かせた。

 今の心境を片寄は「2年前にライブをさせていただいて、2021年にこうして始まるということで、大変ワクワクしております。率直に楽しみです!」と笑顔。それぞれのキャラクターの声を務める声優陣に対して川村は「お名前を拝見したときに豪華すぎてびっくりしました。逆に声も出なかったです」と驚いたことを明かした。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/18 17:54
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます