【心理テスト】お菓子が足りなくてケンカしている子どもをどうなだめる? 「あなたのやきもち焼き度」

拡大画像を見る

■QUESTION

小さな子どものいるおうちへ遊びに行きました。お菓子をおみやげに持っていったのですが、数が足りず子ども達はケンカになってしまいました。どうしますか?

A:半分ずつに切って分けてもらう

B:じゃんけんで勝った子に食べてもらう

C:急いでお店に戻り、足りない分を買ってくる

D:お菓子とおこづかい、どちらがいいか選んでもらう

あなたはどれを選びましたか? それでは結果をみてみましょう。

この心理テストで分かることは?

「あなたのやきもち焼き度」

甘いお菓子は、恋愛や恋人を象徴しています。お菓子の取り合いでケンカを始めた子どもたちをどうなだめるかで、あなたの恋愛タイプがわかり、恋のやきもち焼き度が明らかになるのです。

■A:「半分ずつに切って分けてもらう」を選んだあなたは……

「やきもち焼き度10%」

みんながお菓子を食べられるようにするあなたは、平和主義者です。いつも心が安定していて穏やかな恋をするタイプなのでしょう。あなたはやきもち焼きではありません。やきもちを焼くことは相手を拘束し、自由を奪うことだと考えています。お互いにそれぞれの自由を平等に尊重するので、やきもちは焼かないのです。

■B:「じゃんけんで勝った子に食べてもらう」を選んだあなたは……

「やきもち焼き度90%」

じゃんけんに勝った子だけがお菓子を食べられるようにするあなた。恋は弱肉強食の世界だと思っています。いつも誰かに恋人を奪われてしまわないかと、ビクビクしています。そのため、すぐに嫉妬の炎を燃やしてしまうでしょう。あまりやきもちの度が過ぎると、相手を追いつめてしまい逃げられるので、気を付けましょう。

■C:「急いでお店に戻り、足りない分を買ってくる」を選んだあなたは……

「やきもち焼き度70%」

足りない分のお菓子を買いに走るあなた。良い人を演じてしまい、苦しむ恋をしがちなタイプです。本当は嫉妬深いのに恋の相手に意地を張り、つい何でもない風を装ってしまうのです。でも実は、結構なやきもちやきです。良い人を演じてばかりいると、自分が苦しいだけでなく、恋の相手からなめられます。たまにはわがままも言ってみましょう。

■D:「お菓子とおこづかい、どちらがいいか選んでもらう」を選んだあなたは……

「やきもち焼き度30%」

お菓子かお金か二択をせまるあなた。ちょっと強引で、恋の相手を尻に敷きがちです。プライドが高く、自分は相手に愛されているから、何でも言うことを聞いてもらえるはずと思っているのではないでしょうか。やきもちを焼くことはあまりないのかもしれません。もし強力なライバルが現れたら、堂々と正面から闘うでしょう。

(紅たき)

※画像はイメージです。

関連リンク

  • 4/18 17:09
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 【E:余ったお菓子は私が食べる】…あぁ…絶対数が足りないのか…

記事の無断転載を禁じます