初対面でそれはないわ…婚活中にされた「デリカシーのない質問」4選

婚活をしていると、初対面でびっくりするくらいデリカシーのないことを聞かれることもあるもの。普通に生きていればすれ違わなかった相手と出会い、その価値観や物事の考え方の違いに衝撃を受けたことがある人も少なくないようです。
ここではそんな、衝撃を受けたデリカシーのない質問たちを聞いてみました。

「貯金、いくらありますか?」

「婚活パーティーに参加したとき、初対面で『ところで貯金はどれくらいありますか?』と聞かれてドン引き。びっくりしすぎて本当の貯金額を伝えたら、『あー、それはちょっと……。僕とは合わないかもしれませんね』って苦笑いされて振られた。デリカシーのない質問をしたあげく、フォローもしてくれないなんてびっくりした」(30代/看護師)

▽ 初対面で相手の貯金額を聞くのは常識はずれなもの。ゆくゆくは結婚するのであれば、確かに相手の懐事情も把握しておいたほうがいいですが、とはいえやっぱりデリカシーがないですよね。またフォローする気もないのに聞いてくるあたり、自分勝手な性格が垣間見えます。

「そのホクロは取らないんですか?」

「私は鼻の下に少し大きめのホクロがある。それを自分でも気にしていたこともあったんだけど、マッチングアプリで出会った初対面の男性に『そのホクロは取らないんですか? 今レーザーとかありますよ』って言われたときはすごく傷ついた。取らなきゃだめなホクロなの……? コンプレックスは解消したと思っていたのに、またコンプレックスになった」(30代/保育士)

▽ 人の容姿についてのアドバイスは、相手が求めていない限りただの押し付け。相手が気にしているかもしれないものをぐいぐいプライベートゾーンに入り込んでアドバイスしてくるのは、デリカシーがなく下品な人がする行動です。マッチしなくてよかったと思いたいですね。

「これって筋肉太りですか?」

「もともと肩幅が広めでがっしりした体型に見えるのだけど、友達に紹介してもらった相手に肩を叩かれながら『これって筋肉太りですか?』って聞かれたのは結構ショックだったなぁ……。自分でも気にしていたからこそ、筋トレも何もしていないのにがっしりしている体型がますます嫌になった」(30代/公務員)

▽ 生まれ持っての外見について決めつけられるのはしんどいもの。また、会って間もない相手に肩を触られながら「筋肉太り?」と聞かれるのも言語道断です。

「どうして結婚できないの?」

「婚活パーティーで出会った相手に、上から下までまじまじと眺められたあとにプロフィールを見て『どうして結婚できないの?』と聞かれたこと。これって面接なの? あなたも結婚できなかったから来ているんじゃないの? 謎の上から目線にイラッとした」(20代/IT)

▽ どうして結婚できないのかを知るために婚活パーティーに参加したわけではありません。そもそもそんなことを聞いてくること自体がお門違いなのです。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/17 4:00
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます