みんなに『あっちゃん』と呼ばれていた女性 小学校で気付いた『ある事実』とは?

拡大画像を見る

2児の母親である、さざなみ(@3MshXcteuuT241U)さんがTwitterに投稿したエピソードが、反響を呼んでいます。

さざなみさんは、自分が子育てをするようになり、改めて母親のすごさに気付いたことがあったそうです。

幼い頃、自分のことを『あっちゃん』と呼んでいた、さざなみさん。

大人になってからも、いまだに近所の人から『あっちゃん』と呼ばれるくらい浸透しているそうですが、実はこの呼び名、本名と1文字もかぶっていないとのこと!

なぜか本名とまったく関係のない呼び名を使っていたのに、母親は特に直すこともなく、「本人がそういっているから」と受け入れてくれていたのです。

母親の大らかな愛情に、さざなみさんは改めて感謝したといいます。

読者からは、同様の体験談や共感の声などが寄せられました。

・今、息子がまったく同じ状況です。私含め家族みんな、特に気にせずそのままになっています。

・お母さまの対応が素敵。家族以外にも周知されているのがいいですね。

・お母さんの気持ち、分かるなあ。かわいいから一般的な表現に直すのが、もったいない気がしてしまう。

子供が本名と違う呼び名を使うというのは、よくあること。

無理に止めさせるのでなく、子供の気持ちにそっと寄り添った母親や周囲の対応に、心が温まります。

[文・構成/grape編集部]

出典 @3MshXcteuuT241U

関連リンク

  • 4/17 10:26
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます