ヒヤヒヤハラハラ…元気すぎる小学生の外遊びに母、洗礼を受ける!【ひなひよ育て ~愛しの二重あご~ 第63話】

この春3年生になったひな。

近所の公園程度なら、お友達と一緒に子どもだけで遊びに行かせるようになりました。

遊びに行く時はきちんと約束を守るし、周りの子達も含めずいぶんしっかりしてきた印象。3年生にもなると「手がかからなくなってくるもんだな~」と思っていました。

ある日ひなが「友達がひよりに会いたいって言ってたから、今日はママとひよりも公園行こう!」とのことで一緒に行くことに。

公園に到着すると、ひなの友達含め3~5年生くらいの子供達が10人くらい遊んでいました。

■小学生の外遊び…予想外の光景!


始めはひよりも交えて平和に遊んでいました。

しばらくするとひよりはひよりのペース、ひな達はひな達のペースという感じになってきました。

私はひよりと2人で遊びつつ、小学生チームの様子もチラ見。

そんな中、ふとひなに呼ばれて振り返ると…


滑り台の階段の上の方で、ぐるんと一回転するひな。

心臓ヒヤーーッッッ!!!!

…と思ったのも束の間、今度は別のグループの子達が遊んでいたボールが、ポーンと公園入口の方へ転がって…


ボールを追いかけダッシュする男の子。「もうすぐそこ車道…!!」という超ギリギリで男の子はキキーッと急停止してボールをキャッチ。

たぶん実際この間2秒くらいで、「危ないよ!」と声をかける間もないほどの出来事。

まぁ咄嗟の状況の中でも、飛び出しちゃいけないことは頭にあるんだろうとは思いますが…「車道に向かって一直線に爆走する子ども」なんて光景は怖すぎでした。

で、さらにしばらくしてのこと。

ひなとお友達がブランコで仲良く遊んでいる~~と思ったら…



■見ているだけで寿命が縮みそう!


揺れるブランコの隙間をうまいことすり抜け、駆け抜けていく子ども達。

コラァァァ危ないわぁぁぁ!!!!!

こんなん絶対調子に乗っていつか怪我人出るから!!!!

い、いつもこんな感じなのか???

さすがに危なすぎることや、見ている小さい子が真似する可能性があることは注意しました。

しかしわんぱくの域を越えた遊び方って子どもには付き物なんですよね…。(ヤメテクレ)

そんなこんなで2時間以上経ち、帰る頃には…


なんていうか…小学生の外遊びって…見てると寿命縮みますね。

必ず親が常にそばにいる未就学児の方が、大変さはあるけど安心は安心かもしれません。

ただ基本的には、小さい子にも気を配りつつ普通に平和に遊んでいました。

度が過ぎない程度に、元気いっぱい遊んでくれたらいいなと思います。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/17 9:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます