実は傷つけてる!初対面の女性への「NGな口説き文句」9パターン

初対面の女性へのアプローチは、相手が喜ぶポイントが分からないだけに、どうしても手探りになってしまうもの。よかれと思って口にした一言が裏目に出ないように、「取扱い注意」の褒め言葉を知っておくと安心かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「実は傷つけてる!初対面の女性への『NGな口説き文句』」をご紹介します。

【1】ダイエット中だとなおさら傷つく「ぽっちゃりしてて、癒されるなあ」
「いい意味で言ったんだろうけど、素直に喜べない」(20代女性)というように、ふくよかな体型を褒めるのは、やはり難しいようです。「今ダイエットしてて…」などと女性が自ら話題にあげたときに「そのままで全然いいのに!」などと褒めれば、好意的に受け止めてもらえるでしょう。

【2】要するに地味ってこと?と妙に引っかかる「素朴な雰囲気が自分好みかも」
「無理に褒めてくれなくてもいいのに…と思いながらお礼を言った」(20代女性)というように、「派手さがないのがむしろいい」と伝えても、変に曲解されてしまいそうです。「目がきれい」などと的を絞ったほうが、まだ心に響くかもしれません。

【3】女として見られていない気がする「男友達といるみたいで話しやすい」
「そっちがそのつもりなら…と、自分もその人を恋愛対象外にした」(10代女性)というように、親しみを込めて「昔からの友達みたい」などと言うのも誤解のもとになるようです。とはいえ、まずは友達として仲良くなるのも悪くはないでしょう。

【4】そんなに老けて見えるのか…とガックリくる「大人の女性って感じで憧れます」
「私のほうが年下だと思ってたから、ショックだった」(20代女性)というように、見た目の印象から年上だと判断されて、落ち込んでしまう女性もいます。相手が大人っぽく見えても、同い年くらいだと想定して話を進めたほうがよさそうです。

【5】体型のコンプレックスを突かないでほしい「小動物みたいでかわいい」
「小柄な体型をよくいじられるから、またか…とウンザリした」(10代女性)というように、小柄な女性をペットを愛でるような目で見ると、不興を買いそうです。「気配りが上手だね」などと外見よりも内面に言及してキュンとさせましょう。

【6】勝手に陽気なキャラを期待されても困る「君が彼女だったら毎日楽しそう」
「この人なんか疲れるなと思って、さりげなく距離を置いた」(10代女性)というように、明るい第一印象を褒めたつもりが、図らずも相手に窮屈な思いをさせてしまう場合もあります。どんな性格か見当がついても、安易に分析すべきではないかもしれません。

【7】もしかして体目当て?と勘ぐってしまう「めちゃめちゃスタイルいいね!」
「男性に言われると、どうしても下品に聞こえてしまう」(20代女性)というように、相手がハッとするほど肉感的でも、涼しい顔を押し通したほうがよさそうです。チラチラと盗み見て睨み返されないよう、意志の力で視線を制御しましょう。

【8】キツイ性格に見えるのかな…と不安になる「気が強そうなところにグッとくる」
「図星だけど、少し話しただけで見破られると複雑な気分」(20代女性)というように、初対面だと気づきにくいポイントを褒めるのは、目立つ反面、リスキーでもあるようです。とはいえ、自分を印象づけたいなら、試す価値はありそうです。

【9】その一言って要る?とむしろカチンとくる「俺は性格重視派だから安心して」
「『愛嬌のある顔で俺は好き』とか、ほかに言い方があると思う…」(20代女性)というように、相手の性格が気に入ったのなら、余計な一言は付け足さないのが賢明でしょう。裏の意味を邪推されないよう、慎重に表現を選びたいところです。

NG発言を連発しないよう、相手の反応をよく見て攻め方を工夫しましょう。(安藤美穂)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/17 8:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます