井上清華アナに恨み節?「ステマ疑惑」でフジ女子アナ勢力図が激変か

拡大画像を見る

 井上清華アナウンサーをきっかけに、フジテレビ女子アナによるステルスマーケティング(ステマ)疑惑が次々と浮上。4月15日発売の「週刊文春」が伝えた。

 記事によると、事の発端は井上アナの足の指がネイルサロンのサイトで公開されている事実について、外部から問い合わせがきたこと。アナウンス室の野島卓部長が井上アナを問いただしたところ、井上アナは人気美容室Aと系列店のインスタグラムに写真を掲載する代わりに、料金をタダにしてもらっていたことを白状したという。無料や特別価格でサービスを受けた対価として、広告と明記せずにSNSなどに登場すれば、ステマの可能性もある。

 井上アナは自分だけではないと主張し、宮澤智アナ、久慈暁子アナ、堤礼実アナ、三上真奈アナ、杉原千尋アナ、海老原優香アナの名前が次々と上がり、井上アナと同じ店舗で同様の行為をしていたことが判明。さらにこの7人の女子アナは、美容室Aとは違うが、別の美容室で三田友梨佳アナもやっていると暴露したという。

「言うまでもなく、ステマ疑惑で名前が上がった女子アナはイメージダウン必至です。中でもニュース番組『Live News α』のメインキャスターを務め、フジのエースともいわれる三田アナは大打撃でしょう。『めざましテレビ』のメインキャスターに抜擢されたばかりの井上アナも出ばなを挫かれました」(女子アナウォッチャー)

 この報道で、フジテレビは大激震!女子アナの勢力図も変わる恐れがあるという。

「想定外の追い風が吹いているのが宮司愛海アナと永島優美アナ。宮司アナはスポーツニュース番組『S-PARK』などスポーツ番組を中心に活躍。2020年に出した写真集は、発売4日後に重版が決定したほどの人気ぶりです。永島アナは3月末から『めざまし8』を担当。『めざましテレビ』時代から、フジの朝の顔として定着しています。2人とも次期エース候補として期待されており、ステマ疑惑報道をきっかけに先輩である三田アナを追い越すかもしれません。フジの女子アナのポジションが大きく変わる可能性があります」(前出・女子アナウォッチャー)

 三田アナにすれば、事の発端となった井上アナが恨めしいかも。

(石田英明)

関連リンク

  • 4/16 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 4Gぃの白狐

    4/17 20:06

    女子アナは会社員でも影響力は大きいからな。特に人気店で広告紛いの活動し特別料金やただにして貰っていたら相当のイメージダウンやな(._.)秋の改編では卒業になるでしょな(´д`|||)

記事の無断転載を禁じます