ダレノガレ明美、レオタード姿披露で感涙を呼んだ“ハミ出しナマ肌着”

拡大画像を見る

 4月9日、モデルでタレントのダレノガレ明美が自身のインスタグラムを更新。大胆なレオタード姿を披露し男性ファンの下半身を熱くした。

 ダレノガレは「体のラインが綺麗になるからバレエはおススメ! 姿勢も良くなるしね。来週、大切な撮影あるので体作り中。そーいえば昔、レオタード着るの恥ずかしくて着たくない!って泣いた記憶ある」と綴り、黒のレオタードの全身自撮りショットを投稿している。

「ボリューム感たっぷりの推定Dカップと真っ白な肌の渓谷がチラ見えし、下半身の方も意外にガッチリした肉付きがタマりません。それでいてウエストはギュッとくびれ、文句のつけようない絶品ボディ。彼女の父母はそれぞれ日系とイタリア系のブラジル人ですが、やはり日本人の女性ではなかなか見られない、ド迫力のカラダをしていますね」(ネットライター)

 そのためネット上では興奮の声が飛び交ったわけだが、SNSでのファンと本人とのやりとりが、ますます大反響を呼んだ。

「よく見るとレオタードの下半身のVゾーンから白いモノがはみ出ているように見えることから、ツイッターで質問が出ると、これに彼女がインナーであることを明かしつつも、“肌着って思っていいよ”などとサービス発言をしてくれたんです。これに興奮の声は絶頂に達しました(笑)」(前出・ネットライター)

 ダレノガレは2月のインスタ投稿でトレーニングを開始したことを明かしており、バストと肉付き感は落とさず、ヒップと背中に筋肉をつけ「ただ細いだけでなく綺麗な身体のライン」を目指すとしており、まさにそのイヤラし過ぎるボディラインに限りなく近づいているようだ。

関連リンク

  • 4/16 17:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます