劇場版「名探偵コナン 緋色の弾丸」封切即転売 朝の初回上映時にはメルカリに

拡大画像を見る

アニメ映画「名探偵コナン 緋色の弾丸」が公開早々、グッズ転売にあっている。

封切られた2021年4月16日、初回上映の朝7時すぎにはもう、フリマアプリ「メルカリ」で特製カードや映画のパンフレットが並んだ。

原作者描き下ろしカードも

転売が目立つのは、「IMAX」「MX4D」「4DX」「DOLBY CINEMA」上映限定の入場者プレゼントとして、20万人に配布される「緋色の『再装填』(リロード)カード」。原作者・青山剛昌氏がデザインを描き下ろしたカードで、「メルカリ」では1600円〜1700円(税込・以下同)で転売されている。

劇場用パンフレットも転売の対象だ。東宝公式サイトによると、価格は770円だが、メルカリでは1100円〜1300円が相場となっている。

他の劇場オリジナルグッズだと、定価1100円のアクリルスタンドが3枚セット3444円、定価1320円の「スマートフォンリング」が2222円で出品されている。対象は数多い。

転売スピードにも注目だ。「緋色の弾丸」の公開開始時間は劇場によって異なり、東京都では、TOHOシネマズの「日比谷」「新宿」では初回が朝7時から、「ユナイテッド・シネマアクアシティお台場」では初回8時35分から上映されている。

16日11時ごろにメルカリに出品されている「『再装填』カード」を見たところ、早いものの出品時間は「4時間前」と表示されていた。7時ごろからすでに出品されていたことになる。

サイトで定価販売のグッズがある

「名探偵コナン 緋色の弾丸」は、当初は2020年4月17日に上映予定だったが、新型コロナウイルスの影響で約1年延期となった。メインキャラクターとして、テレビ版「名探偵コナン」でも人気を誇るFBI捜査官「赤井秀一」が登場。「赤井さん」にようやく会えるとして喜ぶファンは多い。それだけに、公開直後からすでにグッズの転売が起きているのは心配だ。

ただ、アクリルスタンドやスマートフォンリングといったグッズは劇場だけでなく、ECサイト「ムービック」で定価販売されている。そのほか、東宝は「ステラ通販.com」でも同じくグッズを販売すると告知している。通販では「『再装填』カード」やパンフレットの販売は今のところ見当たらないが、グッズが欲しいならECサイトを利用するのも手だ。 <J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 4/16 12:14
  • J-CAST

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • 長男クン

    5/12 12:25

    転売する奴は勝手にやらせとけばいい。 そいつらから買わなければいいだけ。

  • エッコ

    5/12 12:21

    所有権はどうにでも出来る権利があるだけに、こう言う下品なやり口も自由勝手に出来る。物でも権利でも何でもそうだが使う人間がゲスいと、どんな物も悪くも転ぶ。人間性の問題だけど、こんな事が横行する様じゃ日本の質も底辺だね。どこかの国の事笑えない。

  • 利益追求するのは資本主義の宿命とはいえ、買い占めての転売は正当な経済活動ではないので制限されるべきでしょう。

記事の無断転載を禁じます