広瀬すず、神木隆之介に「服ダサい」「使えない」センス完全否定!?

拡大画像を見る

 4月11日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、広瀬すず(22)がドラマ『ネメシス』(同局系)で共演する嵐の櫻井翔(39)、江口洋介(53)とともにゲスト出演した。オープニングで、MCの東野幸治(53)は「櫻井くん、今度ドラマしてるんでしょ? うちの娘、ちゃんとやってますか?」と広瀬について櫻井に質問、広瀬は笑い転げていたが、櫻井は「娘!?」「お嬢さんだったんですか!?」とビックリ。

 東野は「東京のお父さんが僕なんですよ」と言い張り、広瀬は「東京のお父さんって言えって」と、中学生の広瀬が初めて東野と共演したときに東野からそう言われたと暴露。東野は「10代はまだね、それは信用してくれたけど、20代になってやっぱり周りの声もあって、恥ずかしいのか一切言わなくなった」と嘆いた。

 今回は、広瀬やゲストたちが人からもらった「宝物」と「いらない物」を紹介。広瀬の宝物は、18歳のときに生田斗真(36)からもらったベンチコートで、これは2017年公開の映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』で、共演していた生田が着ていたベンチコートを褒めたところ、生田が広瀬のために特注してプレゼントしたもの。袖には「SUZU」のネーム入りで、広瀬は今でも愛用しているという。

 一方、いらない物は、2015年に放送された広瀬の連続ドラマ初主演作品『学校のカイダン』(日本テレビ系)で共演した神木隆之介(27)がくれた「大きなおもちゃのトランシーバー」。神木とは、ドラマ以降もたびたび作品で共演しており、何度かプレゼントをもらっているという。

 神木は、当時SEKAI NO OWARIのFukase(35)が『Dragon Night』のパフォーマンスで使っているのを見て、まねをして遊ぼうと、自分用と広瀬用を買ってきたが、結局広瀬と神木がそれで遊ぶことはなかった。広瀬は、それを今も自宅の棚にしまったままだと紹介された。

■神木は「センスが面白い」

 広瀬は、トランシーバーについて「ただのおもちゃなので、マイクの機能性もない」「いまだに持ってるかどうかの確認もされず」と困惑、「いっぱいなんかものをくれるんですけど、一つも、これ毎日使えるっていうものがあんまりなくて」「センスが面白いなぁと思って」と、神木のプレゼントセンスに苦笑い。

 その後、VTRで登場した神木は「広瀬さん、いらない物ってなんですか?」とぼう然。神木は、当時ドラマで神木と広瀬はなじり合う関係の役だったため、今でも広瀬に「着てる服ダサい」と言われて「ハァ?」と言い返すなど、お互い言いたいことを言い合う仲だと告白。トランシーバーを贈った理由について、神木は「トランシーバーで歌ってる人、人生で初めて見て」「はやってるものだし、喜んでくれるかなと思って」と語り、当時広瀬が「現場でめっちゃ盛り上がってましたよ」と反論。「どんなのがセンスいいのかむしろ教えてもらいたいですよね」とボヤいていた。

 広瀬と神木の仲の良さそうなやり取りに、視聴者は「プレゼントのセンスが独特」「神木くんってどんだけ謎プレゼントするの好きなんだ」「プレゼント魔神木隆之介」「すずちゃんいらないとはいいつつ、ちゃんと保管してるの偉いねw」「いつかテレビでトランシーバーお披露目してくれないかなあ(笑)」など、盛り上がっていた。

 番組放送日、『ネメシス』の公式インスタグラムには広瀬と神木が並んでピースするツーショットとともに「『#行列のできる法律相談所』でのエピソードにほっこり」「2人のやりとり…最高です」と投稿され、フォロワーから「尊い」「仲良しがあふれてる」「最高の2人」というコメントが相次いだ。

 2人は、昨年1月公開の映画『ラストレター』でも共演していたが、舞台あいさつで神木は、広瀬から「お姉ちゃんと演じるくらいやりづらい!」と言われたと明かし、神木も見つめあうシーンでは広瀬の「眉毛の間とか見てました」と笑っていた。

 広瀬は『ネメシス』、神木は『コントが始まる』と、今期それぞれが日本テレビ系の話題ドラマに出演、いわばライバルのような関係だが、次回はぜひまたドラマでも共演してほしい!

関連リンク

  • 4/16 11:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます