声優・関智一に「週刊誌が喜ぶ“爆弾”」アリ!? 玉木宏主演『桜の塔』レギュラー出演も業界内で心配の声が上がるワケ

 国民的アニメ『ドラえもん』(テレビ朝日系)のスネ夫役や、大ヒット中の『鬼滅の刃』(TOKYO MXほか)の不死川実弥役などで知られる声優・関智一が、4月15日より放送開始となる玉木宏主演の連続ドラマ『桜の塔』(テレビ朝日系)に俳優としてレギュラー出演することが決定し、声優ファンを中心にネット上で話題になっている。

 デビュー後まもなく『機動武闘伝Gガンダム』(テレビ朝日系)の主人公・ドモン・カッシュ役に抜てきされ、以来、人気アニメに参加すれば必ず主要キャストに名を連ねてきた関。3月28日からは、お笑いコンビ・ぺこぱとタッグを組み、バラエティ番組『声優パーク建設計画 VR部』(同)のMCを務めるなど、顔出しでのテレビ出演の機会が増えているが、彼の業界内での評判はどのようなものなのだろうか。

「同世代の声優と比較すると、関の芝居は群を抜いて『うまい』です。ヒーロー役から三枚目キャラまでそつなくこなし、スタッフの期待以上の芝居をしてくれますから、50代を目前にした今でも第一線で活躍しているのは当然でしょう。また、彼は究極の『人たらし』でもあるんです。声優業界はもちろん、あらゆるコミュニティに顔を出して、人脈を作ることに長けています。今回彼が出演する『桜の塔』はテレビ朝日制作のドラマですから、おそらく、彼が長年MCを務めているネット番組『声優と夜あそび』(AbemaTV)のスタッフに気に入られたのでしょう。AbemaTVの番組は、テレ朝のスタッフが制作に携わっていますので」(声優業界関係者)

 スタッフからも評判がよく、声優としての評価も高い関だが、一つ懸念点があるという。

「『女遊び』が激しいんです。業界内はもちろん、あちこちで手当たり次第に女性に粉をかけまくっていますから。あれだけ悪評が立っていても、いまだに女性が途切れないのは、やはり彼自身に魅力があるんでしょうね。どんなにえげつない遊び方をしていても『あいつならしょうがない』と許されてしまう得なキャラです。まあ、遊ばれてきた女性たちには恨まれているかもしれませんが……。顔出しの仕事も増えてきましたし、週刊誌が喜びそうな“爆弾”もいくつか抱えているので、そろそろ自制しないとバチが当たるかもしれません」(同)

 恵まれた才能と実力を無駄にしないためにも、私生活は少々おとなしくしていただきたいものである。

  • 4/15 20:00
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 関智さんの劇団「ヘロヘロQカムパニー」の芝居、以前はちょこちょこ観に行ってたなぁ。グッズ売り場で売り子やってくれてた小西克幸さんからグッズ購入した思い出とかすごい懐かしいな・・・

記事の無断転載を禁じます