『カラフラブル』第2話で「生理」に向き合う新時代のカップルが描かれ話題に

拡大画像を見る

毎週木曜夜11時59分から日本テレビ・読売テレビ系で放送中のドラマ『カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~』は、新時代のラブコメディー

美しいものが大好きな主人公・和子(わこ / 吉川愛さん)と、美しすぎるジェンダーレス男子・周(めぐる / 板垣李光人さん)の恋模様が展開されます。

2021年4月8日放送の第2話では、生理と向き合うカップルの姿を真正面から描いて話題に!

ただのラブコメではないところも、今作の魅力のひとつなんです。

【ざっくりあらすじ】

2歳年上の和子を高校時代から想い続けてきた周。

和子を追いかけて上京後、偶然再会したことをきっかけに、ふたりは「お試し」で付き合うことになるのですが……

 

和子は、周があまりにも美しいため、異性として付き合うことに戸惑いを感じているようなんです。

いっぽう周は「僕の全部、絶対好きにさせるから!」と強気に宣言。

またオタク気質な和子の趣味について猛勉強したりと、徹底して「和子ファースト」を貫きます。果たして2人の恋の行方は……!?

【生理の辛さ、わかってもらえないと思ってた…】

大人になった現在は、和子は新米漫画編集者、周はショップ店員兼スタイリストとして働く毎日。

第2話では、生理で心身がすぐれない和子と、そんな和子を心配する周の姿が描かれました。

和子は生理が重く、生理前には心が落ち込み、生理中はおなかや腰の痛み、めまいなどに悩まされていましたが、

・生理休暇は恥ずかしい
・口にしてもわかってもらえない
・病院に行くほどのものではない

といった考えから、誰にも頼ろうとしません。

そんな和子を心配した周は、症状が楽になるよう薬や体を温めるアイテムを爆買い!

わかってくれる人なんていないと思ってた」と涙ぐむ和子に寄り添い、「だから話そう?」と優しく語りかけたのでした。

【周くんの寄り添い方が優しすぎて泣いた】

生理は、人によって痛みも感じ方も違うもの。だから女性同士でも、わかり合うことは難しいときもあります。

どうせわかってもらえないち、和子はことごとく「ただの生理だから」と口にします。

そんな和子を理解したくて、周は

「僕は本当の意味で理解できない。無理して大丈夫なんて言わないで。好きな人が苦しいときは側にいたいよ」

と、自分ができる限り寄り添おうとする姿にジーンとします。

しかも「一緒のベッドで寝ていいよ」という和子に対し

「僕は男だよ。好きな人の隣でスヤスヤ寝れるほど、人間できてない」

とも話しており、ジェントルマンな姿勢を貫きます。

【水野美紀演じる上司・あさひも話題に!】

生理の描写はネットでも話題で、ツイッターには

「主人公が、ただの生理って言うたびに泣きそうになってしまった」
「生理痛が重い人の気持ち分かりすぎてホロリしそうになった……」

といった声が寄せられていました。また和子の上司・あさひ(水野美紀さん)が、

「誰かが休んで回らない仕組みを作ってる会社が悪い(だから気にせず休んでいい)」

と言って寄り添う場面も話題で、「こんな上司欲しい!」といったコメントも見られます。

印象的だったのは、和子とあさひが最後に交わした、

「生理のことを、隠すようなはずかしいことじゃないって、みんな思えるようになったらいい」

という言葉。そんな未来がなるべく早く来てくれることを、願ってやみません。

キュンとして、切なくなって、優しさに癒やされる第2話。Tverなどで見逃し配信が行われているので、ぜひご覧になってみてください♪

参照元:読売テレビ、Instagram @colorfulovele_drama、Twitter @colorfulovele、Twitter検索 カラフラブル 生理
執筆:田端あんじ (c)Pouch

関連リンク

  • 4/15 18:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます