男女の感覚は大違い!男目線ではたまらなくそそる「部位」9パターン

女性が気にしている「体のコンプレックス」も、男性目線では「たまらなく魅力的なポイント」に映る場合があるようです。それさえ知ることができれば、無駄なダイエットから解放され、自分に自信が持てるようになるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「男女の感覚は大違い!男目線ではたまらなくそそる『部位』」をご紹介します。

【1】ちょっとたるんだ「二の腕」
「柔らかそうな見た目に『女子』を感じます」(20代男性)というように、少し肉付きのいい二の腕は、むしろ女性らしくてたまらないと思われることがあるようです。「太いから」と隠すのではなく、たまにはノースリーブにも挑戦して、魅力的な腕を見せつけてはいかがでしょうか。

【2】食事のあとのぽっこりした「おなか」
「単純に子どもみたいでかわいい」(10代男性)というように、ぽっこりと張ったお腹を愛おしく感じる男性もいるようです。少女っぽい寸胴体形が好きな男性は少なくないので、いっそスタイルに合った幼い服装で攻めてみるのもアリでしょう。

【3】むっちりとして隙間のない「ふともも」
「鳥の脚みたいなガリガリの子に魅力を感じない」(20代男性)というように、ある程度「ぽっちゃり」した女性を好む男性は多いので、脚の太さはほとんど気にする必要がなさそうです。足首を細くする努力をすると、さらにメリハリのある美しい曲線を演出できるのではないでしょうか。

【4】丸みがあって幼く見える「フェイスライン」
「丸顔で童顔の子がタイプです」(10代男性)というように、ふっくらした丸顔の女性に好感を抱く男性も少なくないようです。「優しそうに見える」、「若く見える」、などの副産物もあるので、二重あごができるレベルでなければ、ムリに小顔を目指す必要はないでしょう。

【5】プリッとしてボリュームのある「お尻」
「胸より断然お尻派です(笑)」(10代男性)というように、男性はみんな大きな胸が好きだと思いがちですが、一定の割合で「お尻好き」も存在するようです。大きなお尻にはセクシーな格好が似合うので、隠すのではなく「見せる」方向で試してみてはいかがでしょうか。

【6】グーにしたときのクリームパンのような「手」
「ムチッとした手のほうが手をつないだとき気持ちいい」(20代男性)というように、スラッと伸びた細い指より、赤ちゃんのようなかわいらしい手にラブコールを送る男性もいます。爪を短めに切り、ビビッドなネイルを施すと、全体の印象を損なわずに魅力を高められそうです。

【7】少女のように小さな「胸」
「小ぶりの胸のほうが清楚な感じがしていいと思う」(20代男性)というように、肉感的で大きな胸より、かわいらしい小さな胸を好む男性もいるようです。体のラインが出ない服装は小胸さんにしか着こなせないので、自分の良さを生かす服を選びましょう。

【8】日本人らしい切れ長の「一重まぶた」
「自分は和風の顔が断然好みですね」(10代男性)というように、キリッと涼し気な一重まぶたに心惹かれる男性もいます。アイラインをきっちり引き、マスカラでまつげを強調して、一重ならではの陰影メイクをすると、エキゾチックな「美人目」になれるでしょう。

【9】軽くウェーブのかかった「天然パーマ」
「ふわふわで柔らかそうな髪は触りたくなる」(20代男性)というように、女性のくせ毛は男性の心をわしづかみにする力があるようです。縮毛矯正などで不自然なストレートにするのではなく、くせ毛を生かしたヘアアレンジを研究してはいかがでしょうか。

女性が自分で意識する「美人像」と、男性が注目するポイントには、想像以上にズレがあるようです。コンプレックスを自信に変えて、もっと魅力的な女性になりましょう。(小倉志郎)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/15 18:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます