小室哲哉「春から僕の曲が…」泥酔ポロリが大事件!?マックCM「消滅危機」!

拡大画像を見る

 音楽ユニット・globeのKEIKO(48)が、夫で音楽プロデューサーの小室哲哉(62)との離婚が成立したことを報告し、大きな話題を呼んでいる。

 2月26日、KEIKOは「この度、小室哲哉さんとの離婚調停が成立いたしましたことをご報告させて頂きます」と所属事務所のWEBサイトに直筆文を掲載。

 小室はKEIKOと2002年11月に結婚。2011年にKEIKOがくも膜下出血で倒れてから7年後の2018年1月には、『週刊文春』(文藝春秋)に看護師の女性との不倫疑惑が報じられ、小室は音楽活動引退を表明した。

 当時の記者会見で小室は、KEIKOについて「残念ながら音楽に興味をなくしてしまって、4年、5年近くですか、ほぼ歌うことがなくなりました。お恥ずかしい話なんですが、今、小学4年生ぐらいのドリルを楽しくやっています」と話していた。

 今回、WEBサイトに掲載された離婚を報告するKEIKOの直筆文には「おかげさまで大きな後遺症もなく、元気に日常生活を送っております。今後も健康管理に気をつけながら、アーティストとしても皆様に恩返しができるよう、精一杯努力して参ります」とつづられている。

「直筆文の内容もそうですが、KEIKOさんの書く字も美しく、しっかりとしていて、後遺症はないように思えます。また、音楽活動にも意欲を見せていますよね。KEIKOさん本人も、小室氏が発言していた当時の自身病状を完全否定しており、小室氏には厳しい声が上がっています」(ワイドショー関係者)

■「globe再プロデュース」発言で火に油……

 3月9日発売の『女性自身』(光文社)では、離婚成立直後の小室に直撃取材を行っている。

 小室は「KEIKOさんのことはあらゆることを本当に、心からお詫びしたいことはたくさんあったんですが……」とコメントしている。

 また、活動再開に意欲をにじませたKEIKOに対しては「globeを含めていろんなことで音楽のお手伝い、協力だったりだとかが必要であれば、惜しまずもちろん」と、globeを再びプロデュースすることも厭わないとも話し、記者を驚かせた。

 しかし、小室のこの対応に、ネットには、「KEIKOさんはもうあなたとはもう関わりたくないでしょ。別れても協力したいだとか応援しますとか白々しいにもほどがある」「どの面下げて、こんなことが言えるんだろうか。KEIKOさんに対しての贖罪のつもりなのかもしれないけど、相手の気持ちが分かってないし、どこまでKEIKOさんを傷つけるつもりなのかと呆れます」と、批判が殺到しているのだ。

「小室さんは3月15日のラジオ番組『ディア・フレンズ』(TOKYO FM)でも、“自分が悪いこともたくさんあるんですよ。絶対。間違いなく。うん……”と発言し、自分に非があったことを認めています。ただ、不倫疑惑からの引退記者会見、そして、離婚成立後の再プロデュース発言で、今まさに総スカン状態ですね。

 そんな小室さんですが、昨年には音楽活動を再開させています。そして、ここ最近は『Clubhouse』に“中毒”と言っていいほど、どハマりしているといいます」(芸能プロ関係者)

■Clubhouseでの発言が騒動に発展

 1月から2月にかけて、芸能界でも大いに話題を呼んだアメリカ発の音声SNS・Clubhouse。小室は自身の近況などを、Clubhouseで話すこともあったようだ。

「ただ、そのClubhouseでの発言が一部でちょっとした騒動になってしまったようなんです。というのも2月末、Clubhouseの聞き手に向けて、“近々、マクドナルドのCMに僕の曲が使われる”といった趣旨の発言をしてしまったというんです。

 呂律が回っていないような口ぶりだったので、おそらく酔った勢いで言ってしまったのでしょうが、これが広告関係者の間で問題視されているそうなんです」(前出の芸能プロ関係者)

 広告代理店関係者は話す。

「実は、この春にマクドナルドから再発売されるある商品のCMに、小室さんが作詞・作曲を手掛けて、ダウンタウンの浜田雅功さん(57)が歌った曲『WOW WAR TONIGHT〜時には起こせよムーヴメント』が使われるようなんです」

■マックに問い合わせがされる事態に

 ダウンタウンの浜田による音楽ユニット・H Jungle with tの『WOW WAR TONIGHT』は、1995年3月にリリースされ、累計200万枚以上を売り上げる大ヒットを記録した。

「日本マクドナルドホールディングスは、2月9日に発表した通期決算で、2020年12月期の全店売上高が創業以来の最高売上となったことを報告しています。そんな絶好調の企業のCMに自身が手掛けた曲が使われるということで、小室さんも嬉しかったんでしょう。ただ、それを公式発表前に本人サイドが言ってしまうのはNG行為。

 Clubhouseでの発言は、外部に出すことは禁止されていますが、リスナーからこの話が漏れ伝わったようで、マクドナルドの公式ツイッターに“小室さんの曲を採用するのは本当でしょうか?”と問い合わせる事態にも発展してしまっていますからね。小室さんには離婚報道などで大逆風が吹いていた最中で、おそらく彼に嫌悪感を持つ人がマクドナルドサイドに連絡したのでしょう。

 ただ、さすがにこれで、『WOW WAR TONIGHT』がCMに使われなくなる、ということはないとは思いますが、マクドナルドサイドから小室さんサイドに注意が入った、という可能性はありそうです」(前出の広告代理店関係者)

 2018年に一度引退した小室。その間に、業界ルールをすっかり忘れてしまったのだろうか――。

関連リンク

  • 3/16 7:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4

記事の無断転載を禁じます