激戦はドロー決着…横浜FM、2点ビハインドを背負うも前田の活躍で勝ち点1

拡大画像を見る

 7日、明治安田生命J1リーグ第2節横浜F・マリノス対サンフレッチェ広島が行われた。

 『日産スタジアム』でのホーム初戦を迎えた横浜FMは、開幕節では敗れたものの、3日のルヴァン杯グループステージ第1節で今シーズン初勝利。今節はリーグ戦初勝利を目指す。一方の広島も、ここまで公式戦2試合で2引き分けと勝利がない状況。古巣との対戦となったFWジュニオール・サントスを先発起用し、アウェイでの白星を掴みにいく一戦となった。

 先にチャンスを迎えたのは横浜FM。スピードに乗ったドリブルで敵陣ペナルティエリア左へ進入したFW前田大然が、左足でシュートを放った。これは相手GKに防がれるものの、開始20秒ほどで横浜FMがオープニングシュートを放つ。

 その後、序盤は横浜FMが積極的にボールを動かしていく展開も、広島も組織的なディフェンスで対応。すると12分、敵陣ペナルティエリア内でDFチアゴ・マルチンスからボールを奪い身体を前に入れたFWエゼキエウが、そのT・マルチンスからファウルを受けPKを獲得。これをJ・サントスがゴール中央やや左へとシュートを突き刺し、広島が先制に成功する。

 幸先よくリードを奪った広島は、27分に追加点を挙げる。ドリブル突破を試みたJ・サントスが倒され敵陣中央右でFKを獲得すると、MF青山敏弘が右足でゴール前へ浮き球のパスを供給。一度はクリアされるものの、ペナルティエリア内からFWドウグラス・ヴィエイラが右足でシュートを放つ。ゴール前の混戦の中でGKオビ・パウエル・オビンナはなんとか反応を見せたが、そのこぼれ球をDF東俊希が押し込んだ。

 2点のビハインドを背負った横浜FMだが、34分に1点を返す。MF岩田智輝が前線中央へ浮き球のパスを供給すると、待っていた前田が相手DFに競り勝ち前を向く。前田は対峙した相手GKの位置を見極め、右足でゴール右へとボールを流し込んだ。広島のリードは1点となる。

 このままスコアが動かずハーフタイムを迎えるかと思われた前半アディショナルタイム、横浜FMのDF松原健が自陣ペナルティエリア内でハンドを犯したとしてVARの判定に。オンフィールドレビューの結果広島に再びPKが与えられ、今度はD・ヴィエイラがゴール左へシュートを決めた。試合は1ー3となりハーフタイムを迎える。

 迎えた後半、ネットを揺らしたのは横浜FMだった。54分、敵陣深く右サイドからクロスが入ると、ボールはゴール前中央で待っていたFWオナイウ阿道へ。オナイウは反転しながら左足でシュートを放つと、ボールは相手GKの手に触れながらもゴールへと収まった。

 1点を返した横浜FMは、サポーターの拍手を背にその勢いを増していく。67分、敵陣ペナルティエリア左へ進入したMF渡辺皓太が鋭い切り返しで相手DFを剥がすと、右足で柔らかいクロスを供給。これを中央で待っていた前田がダイビングヘッドでゴールへと突き刺し、ついにスコアは同点となる。攻守に貢献する前田は、この日2点目を記録した。

 激しい点の取り合いとなり次の1点の行方に目が離せない展開となるが、結局試合はこのまま終了。勝ち点1を分け合う結果となり、共に今シーズン初勝利はお預けとなった。次節、横浜FMはアウェイでアビスパ福岡と、サンフレッチェ広島はホームで北海道コンサドーレ札幌とそれぞれ対戦する。

【スコア】
横浜F・マリノス 3ー3 サンフレッチェ広島

【得点者】
0ー1 13分 ジュニオール・サントス(サンフレッチェ広島)
0ー2 27分 東俊希(サンフレッチェ広島)
1ー2 34分 前田大然(横浜F・マリノス)
1ー3 45+9分 ドウグラス・ヴィエイラ(サンフレッチェ広島)
2ー3 54分 オナイウ阿道(横浜F・マリノス)
3ー3 67分 前田大然(横浜F・マリノス)

関連リンク

  • 3/7 15:03
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます