東野幸治は「いじわるなお兄ちゃん」テレ東・森本智子アナが始めたばかりのTwitterで本音

拡大画像を見る

『テレビ東京アナウンス部(公式)』Twitterでは「約9年間共に過ごした、父親のような草野さん、東野兄さんとのお別れは寂しいですが…」と、4日放送の『主治医が見つかる診療所 芸能人徹底検査 人間ドックSP』で番組から卒業することを告知した森本智子アナ。一方で開設したばかりの『森本智子(テレビ東京アナウンサー)』Twitterにて「私の出演は最後になります。草野さんは東京のお父さん、東野さんはいじわるなお兄ちゃん(笑)大切なお2人です」と一歩踏み込んでつぶやいた。

番組卒業について「Twitterを見ていると、1人じゃないんだと…心があたたかくなります」という森本アナに「今夜もしっかりと拝見させて頂きます 皆さん、ちゃんと繋がっていますよ 今後もツイートを楽しみにしていますね~」というコメントが寄せられるなか、「一人じゃありません。すでに二千三百人あまりが応援中 意地悪なお兄ちゃんに負けず がんばれー」や「いじわるなお兄ちゃんを、たまにいじめる妹さん笑」といった声も見受けられた。やはり東野幸治に対する心の声が漏れたかのようなツイートが気になったのだろう。

かつて2012年4月23日の『主治医が見つかる診療所』放送スタートが控えるなか、6日に行われた記者会見で当時68歳のフリーアナウンサー・草野仁が人生で風邪を引いたことがなくどこにも不調がない健康体だと聞いて、東野幸治は「頭脳明せき、体力はある、健康っていつ死ぬんですか! 120歳まで司会をやれるんじゃないですか?」と東野らしい表現で称賛した。

草野仁アナに対してさえそのようなスタンスなのだから、森本智子アナにはなおさら身近な感じで接していたのではないか。2020年11月21日放送の『伯山カレンの反省だ!!』(テレビ朝日系)にゲスト出演した東野が『主治医が見つかる診療所』の裏話として、健康に関するVTRを見ている間に「ベテランの森本アナウンサーがマストで寝る。草野さんの横で寝るんですよ。めっちゃおもろいんですよ」とぶっちゃけたため、Twitter上で「番組の収録中に寝る森本智子さん!!」、「森本智子部長、テレビ本番収録中に寝ないでください!!」などと話題になったものだ。

ちなみに東野幸治と言えば、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で2代目アシスタントを務めていた徳島えりかアナウンサーが2018年4月24日に『ZIP!』で結婚報告しながら『行列』メンバーは事前に知らなかったことに対して、5月13日放送の『行列』で「一言の報告もなかった」と不満を訴えた。さらに「ただの局員のプライベートなことですので」と冷静な徳島アナを「その口調はアカン」、「あまりにも心がないん違うか?」と詰め寄ったことが思い出される。東野は徳島アナと同じように森本アナも番組の仲間として捉えているからこそ「VTR中に寝る」といじったのかもしれない。

画像2、3枚目は『森本智子(テレビ東京アナウンサー) 2021年3月4日付Twitter、2021年3月3日付Twitter「#新しいプロフィール画像」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

関連リンク

  • 3/7 14:42
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます