外箱つきなら6万円で売れる!? MDプレーヤーの中古市場が盛況のワケ

拡大画像を見る

 オーディオはデジタルが当たり前。そのアナログからの転換期を知る40代以上なら、録音もできる記録媒体として登場したMD(ミニディスク)をご記憶だろう。ただ、あっという間に廃れていった。音楽業界関係者によると、

「MDは現在も製造されていますが、誕生から10年ほどでiPodなどのデジタルオーディオに取って代わられていきます。が、90年代前半から00年代初頭に青春を過ごした世代は、MDを愛用していた。衝撃に強く携帯に便利でCDから録音して、外出時に音楽を聴いていたはずです」

 当時のMDは手元にあるが、プレーヤーがない。そんな人が多く、MDに残された音源をPCに移すために、MDプレーヤーの1週間レンタルというビジネスまである。お代は約6000円。この金額に目を付けたのだろう。最近、MDプレーヤーの中古市場が盛況だという。ヤフオクウォッチャーが話す。

「ステレオデッキ型よりもポータブルMDプレーヤーのほうが人気です。稼働する通常のプレーヤーで約3000円が落札相場となっています。1週間レンタルするよりも安いというわけです。ただ、高音質のHi−MDや長時間録音が可能なMDLPに対応した機種ならば、一気に値段は跳ね上がります。4万〜5万円で取引されています。外箱までついていれば、6万円以上で売れるのは確実です」

 MDだけでなくプレーヤーも大事に所持しているようなら、今が売り時なのだ。

関連リンク

  • 3/7 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • トリトン

    3/9 12:16

    自分もラジカセとカーステレオMD今も使ってるよ、コピーはソニーしかないけ一枚千円近いから高いけど取り寄せで買ってます。

  • ブレイク

    3/9 12:11

    MDプレーヤーは今もお世話になってる。車でAUXで繋いで聞いてる

  • 鬼凶屋@

    3/8 3:50

    生産終了したガム電池は取り引きあるのかな?単3でもMD聴けるけど持ち歩くには充電式にしたい♪

記事の無断転載を禁じます