岡村隆史は「丸投げ」…三浦・桐谷「激怒」!!芸能人夫妻「お財布事情」!

拡大画像を見る

 お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史(50)が、3月1日放送の『なるみ・岡村の過ぎるTV』(ABCテレビ)に出演。未公開トーク集で、夫婦の家計のやりくりについて明かした。

 岡村は2020年10月に30代の一般女性と結婚。銀シャリの鰻和弘(37)から「奥さんにはどのくらい収入あるんか伝えてはるんですか?」と聞かれると、岡村は「まだしっかりと言ってない」と応じる。

 なるみ(48)からの「ここ1~2か月はどうやって暮らしてんの、お金」という質問には、「現金を渡しているというか、“これ使いな”って封筒に入れて。自分たちの大事なものを入れるところに置いてある。そこから“いろいろ使っていいよ”って。一応、いまはそうしようって」と明かした。

 また、なるみから「気づいていると思う? 自分の収入」と尋ねられると、岡村は「まだ気づいてないんちゃいますかね。まだ見せてもいないし。まあ別に気づかれてもええし、“教えて”って言われたら教えてもええかなというふうに思ってる」と話す。

 さらに「じゃあ、お金の管理は全部奥さんに任すんか。これから」と聞かれると、「僕はそれでええかな、全部丸投げして」とするも、「丸のまま渡す? 奥さんに」と念押しされると「うーん、いや丸ままは……」「いろんな人に話を聞くと、丸ままはよくないって言うしな」と悩んでみせた。

「芸能人夫婦のお財布事情は気になりますよね。岡村は現状、毎月必要な金額を奥さんに渡すというやり方で、自分の収入全体の額は伝えていないようですが、まだ新婚ですからね。今後、2人に合ったやり方になっていくのではないでしょうか」(女性誌ライター)

■相方・矢部浩之は……

 岡村の相方・矢部浩之(49)と元TBSアナウンサーの青木裕子(38)夫妻のお財布事情は、果たしてどうなのか。

 矢部と青木は2013年3月に結婚。2014年3月には長男が、2016年1月には次男が生まれている。

 青木は「お金の管理は矢部さんです。(矢部が)いくらもらっているかは知らない。生活費はもらった分でやりくりしています」と、2013年8月放送の『もてナイ!結婚と離婚現実SP』(TBS系)で話している。

 2020年6月に複数の女性との“多目的トイレ不倫”が報じられてしまったアンジャッシュの渡部建(48)と佐々木希(33)夫妻。

 2人は2017年4月に結婚。2018年9月に第1子男児が誕生している。

 結婚直後の2017年7月、渡部は自身がMCを務める『王様のブランチ』(TBS系)で、「共有する部分は共有して、あとはそれぞれ」と夫婦の財布管理について語った。

 お互いの財布の中身は把握していないようで、給料についても「(お互いに)ちゃんと話したことはないですね」としている。

■三浦翔平のお財布事情暴露に桐谷美玲激怒!

 2018年7月に結婚した際に、美男美女カップルとして大いに話題を呼んだ三浦翔平(32)と桐谷美玲(31)夫妻。2020年7月には第1子男児が生まれている。

 結婚から1年後の2018年10月、三浦は自身がパーソナリティを務めるラジオ番組『三浦翔平 It’s 翔 time』(NACK5)で、「彼女と同棲を始めたら給与を全部渡してと言われ、月2万円のお小遣い制になった」というリスナーからの悩みを紹介。

 これに三浦は「ウチは完全別々」「基本的には俺全部やってるから、奥さん貯め込んでるよね。逆に小遣い制にしたいよ」と、夫婦のお財布事情を暴露したのだ。

 しかし、桐谷はこれに大きなショックを受けたようで「自分も家賃や生活費を払っている。私が自分の稼ぎを自分だけに使っていると世間から誤解されてしまう。夫婦間の家計事情を勝手に話さないでほしい」と、三浦は叱責されてしまったと、2019年3月の『女性自身』(光文社)では伝えている。

■離婚に至ってしまった神田沙也加&西山茉希のケース

 離婚してしまった芸能人カップルのお財布事情はどうだったのだろうか。

 女優の神田沙也加(34)は2017年4月に俳優の村田充(43)と結婚したものの、2019年12月に離婚していたことを双方がブログで報告している。

 結婚から1か月後の2017年5月、神田は『なかい君の学スイッチ』(TBS系)に出演。

 MCの中居正広(48)から「あっち(旦那さん)のお給料とかって、全部把握してるの?」と聞かれると、神田は「把握してます」ときっぱり。

 さらに、結婚前に2人の貯金額などについて話し合ったのか、と中居が尋ねると「しました。たとえば、子どもがほしいなとか思ったりするじゃないですか。そのときには、そこまでの仕事が、これとこれとこれが決まってるから、ここまでにはいくら貯めようとか、そういうことも結構話しました」と堅実ぶりをみせた。

 モデルでタレントの西山茉希(35)と俳優の早乙女太一(29)は2013年6月に結婚。同年10月に長女が、2016年4月に次女が誕生したが、2019年6月に結婚生活にピリオドを打っている。

 2019年12月の『女性自身』によると、西山は夫への愚痴をこぼすことも多かったといい、「食材や生活用品は全部自分で買っている」と夫婦の財布が別々だとし、「うるさく言うと、理解されずに喧嘩になるのが嫌」だと語っていたという。

■専門家は芸能人夫婦のお財布事情をどう見る?

 芸能人のお財布事情を専門家はどう見るのか。

 夫婦問題研究家で離婚相談士でもある岡野あつこ氏に話を聞いた。

「まず一般的な夫婦の場合ですが、給料を全部妻に渡してしまうケースは、妻のほうがいい気になってしまう可能性もあり、夫側に不満が溜まってしまうことも少なくありません。そういう場合、妻はできる限り貯金しようとしてしまいますから、夫は少ないお小遣いに不満を持ってしまうわけです」(岡野氏=以下同)

 それではナインティナイン・岡村のケースはどうだろうか。

「岡村さんや矢部さんみたいに、生活費だけ渡すというのは夫側がイニシアチブを握ることができますが、自由に使えるお金も多いため、夫が浮気に走るケースもあります。他の女性と食事に行ったり、遊びに行ったりできてしまいますからね。

 岡村さんは今後はすべてのお金の管理を任せたいと考えているみたいですが、その場合、妻のほうは、ある程度の額のお小遣いを夫にはあげたほうがいいです。

 たくさんお小遣いを渡してしまうと、そこから浮気をしてしまう可能性もありますが、妻がすべてのお金を管理しているのであれば、夫はそこまで好き勝手なことはできませんからね。一方、お小遣いをケチられるとケンカになって離婚にまで至るケースも少なくありません」

■夫婦のお財布事情は「愛されているときに」決めるべき

 アンジャッシュ渡部・佐々木夫妻のケースについては、

「自立した関係性なので、お金で揉めることはそれほどなさそうです。ただ、そこに収入格差があって、どちらかの収入が圧倒的に少ないとなれば問題が出てくる可能性もあります」

 不倫が報じられて以降、芸能活動を自粛している渡部と佐々木。現在はかなりの収入格差があるはずだが、今後夫婦生活はどうなっていくのだろうか。

 離婚に至ってしまった、神田・村田夫妻のお財布事情はどうだったのだろうか。

「結婚前の貯金額をお互いに報告したということですが、結婚前の貯金額など言う必要はまったくありません。借金については報告する必要がありますが。貯金額を教えてしまうと、どちらかがそれを頼ってしまったりして、後々ケンカに発展するケースもあります。結婚前の財産は夫婦のお金ではありません。結婚前の貯金額は言わないほうがいいですよ」

 周囲に元夫が「生活費を出してくれない」と愚痴を漏らすこともあったという西山のケースは、

「これは判断が難しいのですが、もし、西山さん本人がその関係で満足しているのであれば、問題はないでしょう。中には“何でもしてあげたい”といった親心が出る人もいますからね。ただ、“こっちが出してあげている”というオーラが出てしまうと夫婦関係は上手くいきません。だいたいの場合、出てしまうのですが、西山さんと早乙女さんの関係もそうですよね。

 夫婦のお財布事情は最初が肝心で、途中から“こういうふうに変えたい”となるとどちらかから不満が出てきてしまいます。お金については結婚する前、“愛されているとき”に決めなければなりません。

 どちらがイニシアチブを握るかが大事になってきますが、握っている側も相手に不満を持たせてはいけません。お財布事情は円満な夫婦関係を続けていくためにとっても大切なことですよ」

 セレブな芸能人夫婦は、一般人以上にお金の管理が難しいかも!?

関連リンク

  • 3/7 7:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます