福原愛「気が滅入りそう」不倫報道直前“病みツイート”にツッコミ相次ぐ!

拡大画像を見る

 元卓球日本代表の福原愛(32)が3月4日、マネジメント契約を結んでいる電通スポーツパートナーズのホームページ上で、同日発売の「女性セブン」(小学館)で報じられた自身の不倫疑惑について直筆の謝罪文を公開し、ネットで物議を醸している。

 同誌で福原は、一般男性と横浜・中華街でデートを楽しんだ後に、2人で高級ホテルに宿泊したなどと報じられていた。福原は2016年、台湾の卓球選手・江宏傑と結婚し、長女と長男をもうけている。

 謝罪文では「皆さまに誤解や疑いを持たれる行動をとってしまったこと、大変申し訳ございませんでした。台湾にいる夫や子供、家族に対しても不安や心配を抱かせてしまい、真摯に反省しております」と謝罪した上で、横浜で男性とデートした後、ホテルに宿泊していたことについて「社会人の先輩として尊敬していた友人にアドバイスをいただく際に気分転換を兼ねて外出いたしました。一緒の部屋に宿泊した事実はありません」と不倫関係を否定。

 また、「夫婦間で子供にとって何が一番なのか話し合っていることも、併せてご報告させていただきます」と江と話し合っていることも明かした。

■不倫報道直前に“病みツイート”!心配の声殺到も……

 福原は2月28日、ツイッターで「この数日間ずっと週刊誌の方につけられて気が滅入りそう、、直接聞きにきてくれたらいいのに、、」とつづっていたことも話題に。

 福原は2月18日に放送された『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演した際、夫の江宏傑が多忙のために土日しか自宅に帰ってこないことや、今後日本に拠点を移すことを考えていると明かしたことがきっかけで、一部で別居説や離婚危機説がささやかれていた。

 そのため、件のツイートには「愛ちゃん大丈夫ですか」「無理しないでね」「有名人は大変ですよね」「そっとしておいてほしいですよね」と同情の声が寄せられていたが、福原の不倫疑惑が報じられて謝罪文を出すと事態は一変。

 福原の「週刊誌の方につけられて気が滅入りそう」「直接聞きにきてくれたらいいのに」というツイートについて、ネットでは「その後、直接聞きに来てくれたみたいじゃないですか」「直接聞きに来たら真実をお話しするのでしょうか?」「つけられてるの分かってて、気が滅入りそうって言う割には…って感じですね…」「つけられる理由があったからじゃないのかな?」「やったらいかんことやってるのによく週刊誌の人に付けられてて滅入るとか言えるなぁって思っちゃう」「マスコミに気が滅入ると言ってたけど…それだけじゃなかったんだね」とツッコミが相次いでいる。

 福原の夫・江は、今回の報道に対し、「誤ったゴシップ」と言い放ち、さらに「私の小愛(福原)への愛情は、出会った最初の日から今まで変わっていません」「未来の道は長いです。私たちの相互の感情が消えることはありません」と福原への深い愛が感じられるコメントを発表しているが、今後の夫婦関係はどうなるのだろうか――。

関連リンク

  • 3/7 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます