加藤浩次「宮迫博之化」一直線!?2度目の「見限り」と「4つの不発弾」!

拡大画像を見る

 フリーアナウンサーの生島ヒロシ(70)と吉本興業ホールディングスの会長の対談が、3月4日発売の『週刊新潮』(新潮社)に掲載され、関係者を中心に話題を呼んでいる。

 対談で吉本の会長は、2019年6月に巻き起こった、雨上がり決死隊の宮迫博之(50)、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(49)らによる“闇営業問題”にもしっかりと触れている。

 宮迫と亮が記者会見を行った当時、会長は明石家さんま(65)との面談を希望し、数年ぶりに食事をしたという。

「会長はさんまと1対1、東京・西麻布の『叙々苑 游玄亭』に行き、一連の騒動について話し合ったといいます。また、その席でさんまが宮迫の“後見人”になることを買って出てくれたそうです」(夕刊紙デスク)

 西麻布の游玄亭といえば、さんまが番組の打ち上げで出演者やスタッフを連れて行く店として知られている。

「店にはさんまの“マイ箸”なども置いてありますから、さんまにとっては“ホーム”のような場所ですよね。会長とさんまは30数年間のつき合いですが、これまで食事やゴルフなど、さんまが奢ることが当たり前になっていたといいます。

 ところが、その席では初めて会長が食事代を出したというんです。それだけ、会長はさまざまな相談に乗って、後見人にもなってくれたさんまに感謝していたということでしょうね」(前同)

■宮迫を突き放した会長は極楽加藤にも……?

 吉本の会長といえば、2月12日発売の『FRIDAY』(講談社)の直撃取材に応じ、吉本への復帰を模索する宮迫について「もう戻らんでええと思うで。いちいちYouTubeでネタにすんなって話や。辞めてまで吉本のことネタにすんなよ」と語ったことも大きな話題になっていた。

「会長がここまで宮迫を突き放したのは、さんまに根回しをして、平身低頭お願いして、後見人になってもらったにもかかわらず、さんまのアドバイスにも耳を貸さず、YouTuberへの道に突き進んでしまったからなのかもしれません。

 また、宮迫が2月10日にアップした動画には島田紳助氏(64)が電話出演していますが、あれも吉本にとっては、義理を欠いたとんでもないことと映るのでは。会長にしてみたら、“どれだけ会社や自分の顔に泥を塗ってくれるんだ”という思いもあるのではないでしょうか」(前出の夕刊紙デスク)

『週刊新潮』の対談では、極楽とんぼの加藤浩次(51)にも言及している。

 会長は「来るもの拒まず、去るもの追わず」で自由にやったらいいと切り出し、事務所と芸人の関係は男と女のようなもので、どちらかが「嫌だ」と言ったら別れるしかないと話す。

 また、加藤には「半分冗談で」と前置きしつつ「まだ辞めへんの?」「嫌だったら辞めたらええやん」と言うこともあると明かしている。

■形だけのエージェント契約に吉本サイドが納得せず!?

「加藤さんは闇営業問題が勃発した当時、『スッキリ』(日本テレビ系)で吉本上層部を批判。いわゆる“加藤の乱”を起こし、現在、吉本とは“専属エージェント契約”を結んでいます。ただ、マネージャーは今も吉本から派遣してもらっているそうなんです。

 マネージャーの給料は加藤さんが払っているんでしょうが、仕事のオファーは結局、今も吉本にあって、実質そこで管理されている。専属契約のときとほとんど状況は変わっておらず、吉本サイドは加藤さんとの関係性に疑問を持っていると聞こえてきています」(芸能プロ関係者)

 現状は、形だけのエージェント契約になっている、ということなのかもしれない。

「対談での会長の口ぶりは“加藤さんにはもう出て行ってもらってもいい”とも受け取れます。また、“事務所と芸人は男と女”とも話していますが、エージェント契約になった加藤さんは、吉本にしてみたら本命の彼女や本妻ではないとも考えることができますよね。

 吉本サイドは加藤さんのことを宮迫さんのように“もう完全に独立してくれていい”とまで思っている可能性もゼロではないでしょう。そうなると、加藤さんは芸能界において今のポジションをキープすることは難しいでしょうね。彼にはいくつかの懸念事項がありますからね。1つは、相方の山本圭壱さん(53)ですよね」(前同)

■山本圭壱はいまだに地上波NG

 山本は、2006年7月に女性関係の不祥事が報じられ、吉本からの専属契約を解除されている。2014年秋に芸能活動を再開したものの、現在も、地上波のキー局の番組への出演はNGとされており、2020年10月にスタートしたコンビの旅番組『週末極楽旅』もBS日テレでの放送だ。

「芸能活動に復帰できたのも、加藤さんが吉本に何度も何度もかけ合ったからこそです。山本さんもずいぶん反省して、こつこつと仕事をこなし、YouTubeチャンネル『極楽とんぼ山本圭壱 けいちょんチャンネル』の登録者数は32万人と、ここ最近の活躍はめざましい。

 ただ、地上波への復帰は叶っていません。理由は、やはり“スポンサーNG”だといいますね。加藤さんがフリーになり、極楽とんぼとしての活動を活発化させれば、より一蓮托生感は出るでしょうね」(前出の芸能プロ関係者)

■水卜アナ不在の『スッキリ』に超強力ライバル誕生

 加藤の芸能活動の一丁目一番で、MCを務める『スッキリ』(日本テレビ系)からは、3月末をもって水卜麻美アナウンサー(33)が卒業することが発表されている。

「水卜アナは2017年10月に『スッキリ』に加入しましたが、それ以前の『スッキリ』は『とくダネ!』(フジテレビ系)に後塵を拝していて、“打ち切りの対象番組”だったんです。ところが、水卜アナの加入で視聴率、特に若者の個人視聴率が上昇。日本テレビ関係者の間では、ヒットの影には水卜アナがいるともっぱらです。

 しかし、その水卜アナが今月末で番組を卒業。同時に『とくダネ!』の枠では谷原章介(48)と結婚を発表したばかりの永島優美アナ(29)がMCを務める『めざまし8』がスタートしますからね」(制作会社関係者)

『めざまし8』には谷原と永島に加え、『とくダネ!』から引き続き、ナンバーワンコメンテーターとの呼び声高い、メイプル超合金のカズレーザー(36)も『とくダネ!』から継続出演すると言われている。

「『めざまし8』の8時台は『とくダネ!』を踏襲して報道寄りの内容なるようです。ただ、9時から10時台にはエンタメカラーを全面に押し出すことになるといいます。『スッキリ』も9時から10時にかけてはエンタメカラー全開ですから、完全に被りますよね。

 加えて、『めざまし8』には、エンタメに強い『めざましテレビ』のスタッフが異動してきて、番組制作にあたるといいます。フジテレビは、新番組の『めざまし8』に相当気合いが入っています。水卜アナが抜ける『スッキリ』を猛追し、一気に逆転するまであるかもしれませんよ」(前同)

■チュート徳井から引き継いだ番組も“懸念事項”!?

 加藤がMCを務める番組では、『スーパーサッカー』と『この差って何ですか?』(ともにTBS系)も3月に終了することが発表されている。

「加藤さんはTBSで『人生最高レストラン』のMCも務めていますが、こちらの番組も危ういと言われています。というのも、もともと同番組でMCを務めていたのはチュートリアルの徳井義実さん(45)。徳井さんに2019年10月に巨額の申告漏れと所得隠しが報じられ、芸能活動を自粛したタイミングで、加藤さんが『人生最高レストラン』を引き継いだんです。

 つまり、本来は徳井さんにオファーがあってスタートした番組で、加藤さんの番組ではない。加藤さんが独立した場合、番組サイドが彼のためにポジションを守るように動くかと言われると、微妙でしょうね」(前出の制作会社関係者)

 前出の芸能プロ関係者は「吉本サイドが“敵視”している宮迫さんと加藤さんがYouTubeで共演したことも問題視している可能性はありそうです」と話し、こう続ける。

「2020年8月に宮迫さんが投稿した動画のタイトルは『【神対談】「狂犬」加藤浩次がすべての闇に触れていく【加藤の乱】』です。宮迫さんは動画で、闇営業問題や吉本芸人と絡むことができない、といったことを赤裸々に語っています。

 一方の加藤さんも“加藤の乱”を起こした経緯や、“僕は許せなかった”と吉本への当時の不信感について明かしているんです。2人はいい感じに酒に酔って、かなり意気投合した様子でした。吉本サイドとしては、宮迫さんと仲が良く、彼のYouTubeにも出演し、活動を“協力”する加藤さんのことも面白いとは思っていないのではないでしょうか」

 危うい不発弾を抱える加藤。彼も宮迫のように地上波から姿を消してしまうのか――!?

関連リンク

  • 3/5 7:50
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • これじゃあ、正しいことをしたはずの加藤が干されたり、クビになれば やはり、長いものには巻かれろ……と言うか 巨大権力に屈するってことを体現してるわな

記事の無断転載を禁じます