竹内涼真、相次ぐ“おイタ”で好感度凋落!俳優生命を脅かす「危険な兆候」

拡大画像を見る

 『ひよっこ』(NHK)、『過保護のカホコ』(日本テレビ系)、『テセウスの船』(TBS系)などの“誠実な青年役”で注目を浴び、一躍ブレイクを果たした竹内涼真(27)。

 確かな演技力に加え、185センチの恵まれた体格、爽やかなルックスは女性ウケ抜群。
現在放送中の日本テレビ系ドラマ『君と世界が終わる日に』でも堂々の主演を務めるなど、ここ数年で一気に主役級俳優へと成長した。

 しかし、昨年5月29日発売の『FRIDAY』(講談社)が、元カノ・吉谷彩子(29)を追い出して三吉彩花(24)と半同棲をスタートさせたという竹内の“2股&乗り換え愛”を報じて以降、好感度は急激に下降。その影響もあってか、前述の『君と世界が終わる日に』も、初回平均視聴率8.4%(関東地区世帯、ビデオリサーチ調べ)からスタートし、以後も7~8%台をうろうろするなど、いまいちパっとしない数字となっている。

「6月4日発売の『週刊文春』(文藝春秋)では車の運転が荒いことが報じられたほか、今年1月19日に配信されたインスタライブでも、ウーバーイーツで届いたホットドッグが崩れていたことを“ふざけんなよ”“ベチョベチョじゃねーか”とキレぎみに実況して話題になりました。最後にはしっかり“味はうまい。命がけで持ってきてくれたんだな”とフォローもしていましたが、見ていたファンはびっくりしたようですね。

 また、竹内はバラエティでの発言も攻めたものが多く、1月に出演した『ぐるぐるナインティナイン』(ぐるナイ)の人気企画『グルメチキンレース ゴチになります!』でも“一生、モテたいです!”と直球でコメントしていました。ある意味、ウソのつけない正直者なんでしょうね(笑)。しかし、好青年イメージで売っていただけに、一連のスキャンダルが尾を引いていることは間違いありません」(女性誌記者)

 そんな竹内に、俳優生命を脅かす危険な兆候が見られるという。

■竹内涼真、結婚のタイミングを占い師にガチ相談!収録が一時ストップで現場混乱

「3月2日発売の『女性自身』(光文社)が、竹内に関する新たな記事を載せています。その内容は、2月中旬に行われたバラエティ番組『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)の収録中、竹内が突然“今、結婚を決断すべきタイミングか否か教えてください”と占い師にガチ相談をしたというもの。番組制作スタッフはもとより、竹内の事務所スタッフも寝耳に水で、収録が一時ストップした、と報じられています。

 もしこれが事実ならば、関係者の誰かが収録の様子を外部に漏らしたということになりますよね。守秘義務などの観点から、収録に立ち会った関係者やスタッフにはかん口令が敷かれているはずなので、通常こういった話は表に出てこないものなのですが……。竹内の公私混同ぶりもタレントとして問題ではあるのですが、個人的にはそちらのほうが気になります」(前出の記者)

 関係者しか知りえないクローズドな情報が表に出てくる場合、どういった原因が考えられるのだろうか。

「こうして内部告発的に“良くないほうの話”が出てくるのは、日ごろから素行を問題視されていたり、業界評そのものが下がっているというケースが少なくありません。簡単に言えば、世間の好感度だけでなく、スタッフ好感度も低くなっているということですね。

 竹内も今が正念場。いくら大手のホリプロ所属とはいえ、スキャンダルや失言で使いづらい俳優というレッテルが貼られてしまえば、オファーは目減りしていってしまいます。これからも俳優一本やっていくなら、今は結婚を考えている場合ではないかもしれませんね」(前同)

 実力は申し分ないだけに、このまま消えていってしまうにはあまりにも惜しい。これからは襟を正して、俳優業に邁進してくれることを願いたい!

関連リンク

  • 3/4 7:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます