横浜流星&川口春奈の火10新ドラ『着飾る恋』発表も…“斜め上悪評”爆弾!

拡大画像を見る

 今度の「キュン」は「うちキュン」だ。4月からのTBS火曜22時枠のドラマは、川口春奈(26)と横浜流星(24)によるドラマ『着飾る恋には理由があって』になることが、2月28日に正式に発表された。

 キレイに着飾ることで自分の居場所を得てきた“着飾る女”真柴くるみ(川口)と、ひとつ屋根の下で暮らすミニマリストの藤野駿(横浜)による“うちキュンドラマ”と予告されている。

「『逃げる恥だが役に立つ』を代表とする、キラーコンテンツを生み出し続ける火10枠のドラマだけに、スタッフも気合が入っています。まず、脚本は昨年に同枠と佐藤健(31)の人気を不動のものにした『恋はつづくよどこまでも』を手がけた金子ありささん。演出は、20年9月度ギャラクシー賞月間賞などを受賞した刑事ドラマ『MIU404』や、木村拓哉(48)主演の『グランメゾン東京』など、TBSで名作に携わってきた塚原あゆ子さんです」(女性誌記者)

 本作品を手がける新井順子プロデューサーも『アンナチュラル』、『MIU404』、『わたし、定時で帰ります』といった名作を輩出し続けており、個人としても昨年に『第45回エランドール賞 プロデューサー奨励賞』を受賞している。

■横浜にとっては古巣

 川口にとってTBS火曜22時枠は初出演で初主演だが、横浜にとっては19年の『初めて恋をした日に読む話』以来、2年ぶり2度目のレギュラー出演。そのため「間違いなく僕を大きくしてくれたこの火曜よる10時枠に2年の月日を経て戻ってこられたことがうれしかったです」と、コメントを寄せている。

「横浜は『はじ恋』で髪の毛をピンク色に染めたイケメン・ゆりゆりこと由利匡平を演じたことで大ブレイクして一躍人気俳優の仲間入りを果たしました。そのため、思い入れが深いでしょうね。また、横浜にとって今回の出演は、人気回復のチャンスでもあります。横浜本人だけの責任ではないのですが、ここのところ横浜主演のドラマは、視聴率的に失敗続きでしたからね」(前出の女性誌記者)

 20年1月の『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(日本テレビ系)は、一度も視聴率は二桁に乗ることなく、全話平均世帯視聴率8.1%を記録(ビデオリサーチ調べ)。さらに、同年8月の『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)も、平均視聴率8.9%と、横浜主演のドラマは実績を残せていないのだ。

「それだけに、今回の“相棒”である川口春奈には期待がかかります。なんといっても、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』で、年間通しての重要キャラクター・帰蝶を演じ、その演技力が話題になりました。今年2月23日に総集編のナレーションを務めた際も、穏やかで耳に入る実にいい声で、“川口春奈じゃなくて帰蝶が喋ってるのが分かる”と、絶賛されていましたね。そもそも、帰蝶役は薬物事件で降板した沢尻エリカの代役で、ほとんど時間もなかったのにあの演技ですからね。ほかにも、TBSでもバラエティ番組『モニタリング』のレギュラー就任など、昨年に大ブレイクした川口と横浜の相乗効果を望む声も多い。ただ、思わぬところでケチがついてしまったんですよね……」(前同)

■愛犬について思わぬ炎上

 川口は、3月1日までにインスタグラムでブラジリアン柔術に“ぞっこん”だと明かし、交際中とされる格闘家・矢地祐介(31)を“匂わせ”ているとネットをざわつかせている。こちらは以前から報じられていた話なのだが、問題は2月23日号の『FLASH』(光文社)で報じられた、愛犬についての報道だという。

「川口はフレンチブルドッグの“アム”を相棒と称してかわいがっており、昨年3月8日にはYouTubeチャンネル『はーちゃんねる』でドッグランやお風呂を楽しむ動画を投稿しており、視聴者からも好評でした。

 しかし、『FLASH』がアムを“75万円でペットショップで購入した”と報道したことで、少し荒れてしまっているんです。近年、ペットショップについては、売れ残って成長したペットを保健所で殺処分せざるを得ない、という点などが問題視されていますからね……」(専門誌記者)

 ちなみに、女優では杉本彩(52)が14年に一般財団法人動物環境・福祉協会『Eva』を設立し、翌年に公益財団法人として認定しているほか、ペットショップについては「動物をモノ(商品)としか見ていない利益第一主義」「動物愛護先進国の人たちの目には、“信じられない野蛮な行為”に映っているでしょう」と、19年11月の『週刊SPA!』(扶桑社)で辛らつに批判している。

■フォローの声が多いのが救いか

 こうした背景もあり、

《犬猫関係なく、ペットショップで購入する人は保護犬猫にはあまり興味がないイメージ》《命あるものに値段をつけるな。物じゃないんだよ犬も猫も。ペットショップ? マジで無くなれ》

 といった批判の声が出ているのだ。

「もっとも《てっきり保護犬を飼ったと偽ってたのかと思ったら、本当文字通りペットショップで飼っただけでビックリした何も悪いことしてないやん》《なんで川口春奈さん個人を批判するのだろうか?ペットショップ業界を批判するなら分かるけど。》と、川口を擁護する声もかなり多いのが救いですね。今回のドラマで、女優としてさらなるステップアップをしてほしいものです」(前出の専門誌記者)

 川口は今回の主演について、

「出演が決まった時は純粋にうれしくて、みんなで一緒にルームシェアするシーンを想像して、撮影が楽しみだなと思いました」「横浜さんとは3年ぶりぐらいにお会いする(※18年のAmazonプライムビデオ『しろときいろ〜ハワイと私のパンケーキ物語〜』だと思われる)のですが、その時とは違ってお互い歳も重ねて、ちょっと大人な感じのラブストーリーをやれることが感慨深いです」

 と、意欲的なコメントをしている。

 川口と横浜。恋愛ドラマの新コンビのかけ合いが、今から楽しみだーー。

関連リンク

  • 3/3 7:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • グレイス

    3/3 18:48

    保護された犬・猫を飼うのは善いことだし私も飼うなら保護された猫と思っているけど、保護された犬猫って野良、棄てられていた動物だよね? ショップで買おうが保護された動物を引き取ろうが最後まで飼い続けることが大事じゃないの?

  • どこで手に入れようが本人の勝手だろ糞雑誌もいちいちそんなの記事にすんな もう中の社員ごと本社爆破解体されてこの世から消えろ ペットショップで買うことに異常にかみつくキチガイどもはほんと死ねばいいのに

記事の無断転載を禁じます