巨大すぎる蛾をオーストラリアの家族が発見 「このサイズはまるで鳥」「モスラみたい」

拡大画像を見る

豪クイーンズランド州ブリスベン北西部キャンプ・マウンテンにて2月23日、家族でキャンプに来ていたパム・テイラーさん(Pam Taylor)が、目を見張るような大きなサイズの蛾を発見した。

写真には太い木の枝に、異様なサイズの蛾がとまっている。枝を掴んでいる男性の握り拳と同じくらいのサイズで、他の写真を見ると子どもの手のひらよりも大きいことが分かる。

パムさんがこの写真をFacebookグループ「Amateur Entomology Australia」に投稿すると、多くの虫好きから「最初この写真を見たとき嘘かと思ったよ」「これはとても美しい蛾だね」「まるで鳥みたいだ…こんなサイズの蛾がオーストラリアにいるのか」など驚きの声があがった。また「こんなのもうモスラじゃないか」と映画『モスラ』に出てくる架空の蛾の怪獣にたとえたユーザーもいた。

この蛾は“ジャイアント・ウッド・モス(Giant Wood Moth)”と呼ばれており、オーストラリア南東部の海岸沿いを中心に棲息している、世界でも最も重い蛾の一種だ。幼虫も大きく、そのサイズから“魔女の幼虫”の異名を持ち、先住民アボリジニの間では伝統的に食されているという。

幼虫はオーストラリアに多くあるユーカリの木の樹皮に穴を空けて中で1年ほど過ごし、成虫へ変態を遂げる。成虫は数日間の命しかなく、その間に交尾をしてメスは約2万個の小さな卵を産む。

パムさんがこの蛾を発見した翌日、Facebookグループに「昨晩は天候が荒れていたので、まだあの蛾が生きているかどうか確認してみました。そうしたら近くの木の幹で忙しそうにしていたのです」と報告し、交尾をしている蛾を発見したそうだ。

実はジャイアント・ウッド・モスのオスはメスの半分ほどの大きさしかないという。翌朝に撮影した写真には2匹の蛾が写っており、下側にいる小さな蛾と比較したことでパムさん達が見つけた蛾はメスだったことが判明したのだ。メスは羽を広げると25センチにもなり、重さは30グラムに達するそうだ。パムさんは「発見した蛾はメスだったのよ!」と興奮気味に投稿している。

画像は『Pam Taylor 2021年2月23日付Facebook、2021年2月24日付Facebook「I went to check on him this morning to see if he survived the storm last night」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 3/1 4:01
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • まる☆

    3/2 12:33

    実際みたら凍るよ、きっと

  • これよりちょっと小さいけど…暑い夏の年はなぜか屋根裏に入ってきてうるさい😭でかくて怖いのでうるさくても知らんふり😞

  • きょー

    3/1 11:35

    ヒー!初めて実物見たとしたら多分悲鳴が出るでしょう…

記事の無断転載を禁じます