有吉弘行、宮川大輔、島田紳助…伝説のお笑いコンビ「解散」本当の理由

拡大画像を見る

 人々を笑顔にするプロたちは、時として、その活動に自ら終止符を打つことも。知られざる胸中に迫った!

「くやしいです!」などのギャグで活躍したお笑いコンビ『ザブングル』(加藤歩、松尾陽介)が、3月末での解散を発表した。

「2019年に反社会的勢力への“闇営業”に参加していたことが発覚し、約2か月間活動停止に。その後、復帰を果たし、さぁ、再出発というところで新型コロナの感染拡大で仕事が激減。ツッコミの松尾が、次の人生を歩み出すなら、今がラストチャンスと、解散を決意したとのことでした」(芸能記者)

 この突然の発表には、お笑い評論家のラリー遠田氏も驚いたという。

「07年にはM-1の決勝にも進出した実力者で、加藤さんは『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)では“魔王”と呼ばれて異彩を放ち、松尾さんも『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の人気企画“運動神経悪い芸人”に欠かせない存在ですからね。闇営業とコロナのWパンチは、本人たちも予想していなかったのではないでしょうか」

 思えば、1980年代の漫才ブームを牽引したお笑いコンビの多くも、ブーム終焉後、コンビでの活動に終止符を打っている。本誌ではそうした伝説、現役を含め、お笑いコンビの「解散」にまつわる“ドラマ”を追った!

 80年代初頭の漫才ブームのリーダー格として人気・実力ともに頂点を極めた、『横山やすし・西川きよし』は、86年にきよしが参院選に出馬して当選すると、コンビの仕事が激減。

「やすしは、きよしとの漫才という生きがいがなくなり、酒量が増え、周囲とのトラブル、不祥事が増えていきました。89年、バイクでの酒気帯び運転で人身事故を起こし、吉本興業はやすしとの専属契約を解除。これが事実上の解散でした。その後も、酒を断つことができずに、96年、アルコール性肝硬変により、51歳という若さで、この世を去ることになりました」(スポーツ紙演芸担当記者)

 きよしが出馬せず、コンビを続けていたらと、つい考えてしまうが、「きよし本人は“やすしは(出馬を)一番に後押ししてくれた”とも話しています。当人たちにしか分からない真実がありそうですが、せめて、もう一度だけでも、2人の漫才を見てみたかったものです」(前同)

■ダウンタウンの漫才を目の当たりにして

『島田紳助・松本竜介』は、85年に解散を発表。

「リーゼントヘアに、つなぎの作業着姿での“ツッパリ漫才”で大ブレイク。漫才ブームが落ち着き、紳助にテレビタレントとしての仕事が増えて竜介とのコンビ格差が広がる中、突如、解散会見を開きました。“このままではオール阪神・巨人や太平サブロー・シローに勝てへんのちゃうか”と、限界を感じながら過ごす中、まだ無名だったダウンタウンの漫才を目の当たりにし、“俺らの時代は終わった”と確信し、解散を決意したと会見で紳助は話しました」(芸能記者)

 ちなみに、この紳助が師と仰いだ上岡龍太郎は、もともと横山パンチとして横山ノック、フックとの『漫画トリオ』で60年代に一世を風靡。68年にノックの政界進出を機にトリオを解散し、話芸にさらに磨きをかけ、関西を代表するタレントになった。

「80年代後期になって東京に進出し、“芸能生活40周年で隠居”の公約通り、2000年4月に余力を残して引退するまで、第一線で活躍し続けました」(前同)

『ザ・ぼんち』(ぼんちおさむ・里見まさと)はピーク時、全国をヘリコプターで移動するほど多忙だったが、ブームが沈静化した1986年に解散した。

「仕事が減ったことよりも、多忙すぎて芸の消耗が激しかったことが解散の大きな理由でした。そんな2人が、休止期間を挟んで2002年に再結成したのは、自然なことだったのかもしれません」(同)

 今も、全国の劇場で元気に「おさむちゃんで~す!」の大声を響かせている。

■ツービートや猿岩石も…

『ツービート』(ビートたけし、ビートきよし)は、コンビでの活動は減ったが、実は正式な解散には至っていない。

「1981年に始まった『オレたちひょうきん族』(フジテレビ系)で、たけしが大ブレイクし、コンビでの活動がほとんどなくなると、85年にきよしが当時、所属していた太田プロを退社。テレビから消えましたが、怪しいビジネスに手を出し、それで借金を作ったりしてもケロッとして、たけしの前に再び現れる。そんな自由で破天荒なきよしのことが、実は、たけしは面白くってしかたがない。ときどき漫才をしたり、自分の映画に出演させたりしていたのが、その証拠です。2014年には、当時のオフィス北野にきよしを引き入れ、“漫才の稽古をしている”と話していましたね」(お笑い関係者)

 だが、18年にたけしが独立して以降、漫才の披露はない。ただ、2人とも元気なだけに、また、ツービートの漫才が見られる可能性はありそうだ。

 1996年、『進め!電波少年』(日本テレビ系)のヒッチハイク旅で一躍、国民的アイドルとなった『猿岩石』(有吉弘行、森脇和成)はその後、人気が急降下。幼なじみコンビだったが、04年に解散した。

「当初は、太田プロに残ったものの、仕事に恵まれない有吉に対し、森脇は飲食業での成功など、第二の人生が順調な様子でした。しかし、有吉は08年に辛口のあだ名をつける芸で再ブレイク。一方の森脇は、結局、いくつもの仕事を点々とした末に、15年にタレント業を再開していますが、かつての輝きを取り戻すには至っていません」(エンタメ誌記者)

■祖父の形見でコンビ仲が決裂

 コンビ解消後、ピンになって大ブレイクした例は、有吉の他にも、『劇団ひとり』(秋永和彦との『スープレックス』を00年に解散)などがいるが、1999年に解散した『チュパチャップス』の星田英利(旧芸名ほっしゃん。)と宮川大輔は、ともにテレビで大活躍中という珍しいケース。宮川は、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の“お祭り男”として、お茶の間の人気者。星田は俳優として活躍し、放送中のNHK朝ドラ『おちょやん』にも出演中だ。

「2人はナインティナインら若手6組のユニット『吉本印天然素材』の一員としてブレイクしましたが、ブームが終わって仕事が激減。宮川が、星田の祖父の形見のタバコを勝手に吸い、“まずい!”とひと吸いで揉み消したことで、もともと良くなかったコンビ仲が決裂しました」(前出の記者)

 そんな解散劇も、今では2人の“すべらない話”の一つとなっているとか。

 現在、5本ものCMに出演し、地味ながら人を不快にさせない優しい笑いがウケ、大人気となった『ずん』の飯尾和樹も、過去に『La.おかき』というコンビで解散を経験している。

「92年に結成し、一時はテレビ、ラジオにレギュラーを持ち、ネクストブレイクが期待されていたんです」(前出のお笑い関係者)

 元相方で、現在はアイドル評論家として活動中の、村山ひとし氏が振り返る。

「僕が、コンビ時代から始めていたアイドル関連の仕事を、もっとやっていきたいという思いが強くなっていき、解散を申し出ました。芸人としての自分も輝いていたと思いますが、解散後、アイドルイベントの企画やプロデュース業で充実した日々を送らせてもらったので、飯尾さんには感謝しかありません。太く長いもみ上げ、クドい顔、甲高い声とキャラの濃い僕に対して、飯尾さんは、いつも地味だ地味だといわれていたんです。年を重ね、その地味さが独特の“味”になっての大ブレイク。当時から、飯尾さんの面白さは僕も含めて、周りのみんなが知っていましたが、その才能がこんなにも認められ、素直に“すごいな~”と思っています」

 解散劇の裏には、知られざる“覚悟”と“思い”があったのだ。

関連リンク

  • 2/28 12:05
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • いち(

    3/2 2:53

    で、猿岩石の解散の本当の理由は?

記事の無断転載を禁じます