草なぎ剛、新婚&映画賞に水を差す「20億円豪邸」大激怒「動画流出」!

拡大画像を見る

 2月24日、「第63回 ブルーリボン賞」の主演男優賞に『ミッドナイトスワン』でトランスジェンダー役を見事に演じ切った、元SMAPで俳優の草なぎ剛(46)が輝いた。

 この日、映画の公式アカウントの受賞ツイートをリツイートしつつ、草なぎは「皆さんの、おかげです! この映画を、好きになってくれてありがとうございます!」と感謝の言葉を述べた。

 また、草なぎは、「第44回 日本アカデミー賞」の最優秀主演男優賞獲得も有力視されている。

 さらに2月14日からはNHK大河ドラマ『青天を衝け』がスタート。同ドラマで草なぎは物語の要となる徳川慶喜役を演じている。

「プライベートでは昨年12月30日に一般女性との結婚を発表し、公私ともにまさに順風満帆と言えるでしょう。しかし、そんな草なぎの快進撃に水を差すような事態が起きてしまったんです」(芸能プロ関係者)

■20億円豪邸「下見報道」に怒り

 2月12日発売の『FRIDAY』(講談社)は、施工業者から鍵を預かって新居を内見する草なぎの様子をとらえている。そして、2月22日発売の『女性自身』(光文社)でも、入居前の豪邸の下見に訪れた草なぎの姿が掲載されたのだ。

 草なぎについては、以前から都内有数の高級住宅街に土地・建物合わせて20億円ともいわれる超豪邸を建築中だと報じられてきた。

 前出の『女性自身』によると、新居の敷地は200坪ほど。高い外壁にはつる性の植物を絡ませた棚・バーゴラがふんだんに使用されているというが、

「今回、『FRIDAY』と『女性自身』が、草なぎが新居を訪れる様子を“写真つき”で報じたんです。プライベートに配慮してモザイク処理はしているのですが、この記事に対して、元SMAPチーフマネージャーで、新しい地図の所属事務所社長のI氏を含めた事務所サイドが怒っているといいますね」(前出の芸能プロ関係者)

 新婚、そして間もなく入居しようというタイミングで、写真つきで自宅を報じられるというのは、大スターの草なぎとしても穏やかな心境ではなかっただろう。

■草なぎの生活を脅かすような動画……

「事務所サイドと2誌の間では、すでにいろいろなやりとりがあったという話も聞こえてきていますね。

 ただ今、それ以上の大問題が勃発しているんです。というのも、ある一般人YouTuberが、草なぎの生活を脅かすようなとんでもない動画をアップしているんです」(前出の芸能プロ関係者)

 その動画は2020年12月31日にアップされている。

「動画を見れば、草なぎの自宅がどこにあるのかが分かってわかってしまうような内容なんです。このYouTuberがアップしている他の動画再生回数は100~200ほどですが、問題の動画は数十万回再生されています。

 また、他にも有名人の自宅がわかってしまうような動画をアップしていますが、それもバズッているようです」(前同)

■自宅住所が掲載され、出版差し止めが認められた例も

 週刊誌が有名人の自宅周辺を報じる際には、当然、住所の詳細には触れず、写真からも場所が特定されないようにモザイクをかけるなど配慮があるのだが、このYouTuberはまったくそのような配慮をしていない。

「倫理的にやってはいけないことで再生数を伸ばしているわけです。すでに草なぎの事務所サイドも動画の存在を把握していて、『女性自身』や『フライデー』の報道以上に激怒しているとささやかれていますね」(前出の芸能プロ関係者)

 過去にはジャニーズタレントの自宅住所や写真などが掲載された書籍に対し、プライバシー侵害であるとして、当該書籍の出版差し止めが認められる判例が出ている。

 このようなケースでは、「一般に、個人の自宅等の住居の所在地に関する情報をみだりに公表されない利益は、プライバシーの利益として法的に保護されるべき利益」であるとし、芸能人でも同様に保護されるとしている。

「問題の動画をアップしたYouTuberに対し、草なぎの所属事務所が法的な措置をとる可能性は高いと見られています。完全なるプライバシーの侵害ですからね」(前同)

 草なぎと妻が、平穏無事な新婚生活を送れることを願ってやまない。

関連リンク

  • 2/27 8:02
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5
  • グレイス

    2/28 11:10

    モザイクもかけてないからアウトなの。YouTuberだからマスコミだからって話じゃない。

  • YouTuberはアウトでマスコミはセーフと言う理不尽は、どう説明してくれるのかな。

  • み~

    2/27 20:31

    そうまでして、売たいの?新婚さんだしこれから入居しようっていうのに、ひどいことするなあ。

記事の無断転載を禁じます