“見よ、この脚線美!”すらりと伸びた手足が印象的。29歳美女が語る恋愛観

東カレ厳選の麗しの美女を紹介する『金曜美女劇場』。

東京の夜のシーンに似合う艶やかな大人の女性たちを紹介していく。

▶前回:SNSのフォロワー数合計70万超え!“女子のカリスマ”のプライベートを覗き見


黒のチャイナ服を着こなし妖艶な雰囲気を纏う女性は、三戸セリカさん。


長い手足と、切り揃えられた綺麗なボブカットが印象的な29歳のモデルだ。


「チャームポイントは、おでこですかね」と笑う彼女。

「“黒が似合う女性”に小学生の頃から憧れていたので、その頃から黒い服が好きです。カラフルな服を着ている女の子が周りに多かったので、目立っていたと思います(笑)」

口数は多くないが、他人に流されない芯の強さが感じられる言葉のひとつひとつが印象的だ。


セリカさんがモデルとして活動を始めたのは、21歳の頃。きっかけは、母親の一言だったという。

「母親がこっそり私の写真を女性誌のオーディションに送っていたみたいで。ある日、『書類審査に通ったんだけど、このまま本審査まで受けてみる気ない?』と言ってきたんです」


それまでは、携帯ショップで販売員をしていたという彼女。

最初は突然の出来事に戸惑ったというが、その美貌を武器にあれよあれよという間に勝ち進み、見事コンテストで準グランプリを獲得した。

そこから第二の人生がスタートする。

バレエ一色だった人生から、モデル業を始めることになった彼女にプロ意識が芽生えた瞬間とは?

プロ意識が芽生えた瞬間


「まさか自分がモデルだなんて…」と思う反面、3歳からクラシックバレエを習っていた経験もあり、人前やステージに立つことに抵抗はなかったという。


「小さな頃から、夏休みも冬休みも返上して、バレエのお稽古に熱中していました」

中学2年生の時からは、熊川哲也さん率いるバレエスクールに通うことになり、人生の全てを捧げるほどのめりこんでいた。

「バレエの世界は競争社会で過酷でしたが、その時の経験が今も色々な場面で役に立っているなと感じています」

彼女はその経験を生かし、女性誌や企業コマーシャルなど、あらゆるフィールドで才能を開花させていく。


なかでも、自分のなかでプロ意識が芽生えた“忘れられない瞬間”があるという。


「ある時、電車に乗車したら自分がメイン出演していたデオドラントスプレーのポスターが辺り一面にバーッと貼ってあったんです。

その時、『そうか、私のお仕事はこうやって人から見ていただくお仕事なんだ』と改めて実感しました」


そこから「もっとモデルとしての活動を極めたい」という気持ちが生まれた彼女。


もともとファッションが好きで、月に女性誌を5〜6冊は買い込んで熟読していたというが、その後も熱心にポーズなどを研究するようになったという。


「女優のお仕事に、興味ない?」と時折言われることもあるそうだが、彼女はモデルとして1つの作品を作り上げることが好きだと語る。

「台詞や動きで伝えるよりも、1枚の写真で伝えたいことを表現できるほうが、自分の性には合っている気がします」

まっすぐな瞳で自分の思ったことを丁寧に話す姿から、偽りのない女性だということが伝わってくる。

「自分に自信がないからこそ、自信があるフリをしているだけですけどね」

そう言って照れる彼女に、今度は恋愛についても聞いてみることにした。

彼女が、人生で一度だけ猛烈アタックした男性とは…

博学な人ってセクシーに見えます!


ずばり、タイプの男性を聞いてみると…


「私、賢い男性が好きなんです。自分の知らない知識や雑学を教えてくれるだけで、『凄いな』『かっこいいな』って興味を持っちゃいます。博学な男性って、それだけでセクシーですよね」

あまり恋愛には積極的ではないというセリカさんだが、20代のある時期、自分から好きになった人がいるという。


「意思がハッキリしている人で、最初は『僕が君を好きになることはない』と言われてたんですけど。諦めきれなくてアタックを続けているうちに、少しずつ仲を深めることができました」

こんな美女にそんなことを言うなんて、罪深い男性のような気もするが…。


次第に距離が縮まっていった2人。

「彼は、恋人でもあり、友達でもあり、家族でもあり、大切な存在でした。

でもある時、彼の二股が発覚して別れることを決意しました…。正直すごく落ち込みましたね。『彼と生きていきたい』って、どこかで思っていたのかもしれません」

ドン底まで落ち込んだというセリカさん。

しかし、泣くだけ泣いた後、前向きな気持ちが自分のなかに湧いてきたそうだ。


落ち込むだけ落ち込んだら、『男性は星の数ほどいる』と思えるようになった。

「その出来事をきっかけに、次に恋愛をする時には『尽くすよりも尽くされたい』と考えるようになりました。積極的にきてくれる男性がいればの話ですけど…」

「相手と深く関わる以上、ガッツリ本音で向き合いたい」と、男前な一面をみせる彼女。

モデル業に邁進する彼女の今後に期待したい!


<今週の美女>
三戸セリカさん
Instagram
公式プロフィール

<カメラマン>
佐野 円香


▶前回:SNSのフォロワー数合計70万超え!“女子のカリスマ”のプライベートを覗き見

▶Next:3月12日 金曜更新予定
ミステリアスな美女が登場

画像をもっと見る

関連リンク

  • 2/26 5:05
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます