筋肉最高ラブ! 岡田健史「ウチカレ」のサービスシーンにファン騒然

拡大画像を見る

 菅野美穂主演のドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系)の第6話が2月17日に放送され、岡田健史演じる入野光にネットではキュンキュンコメントが殺到している。

 このドラマは、恋愛小説家で天然キャラの母・水無瀬碧(菅野)としっかり者のオタク娘・空(浜辺美波)のトモダチ親子が恋に奮闘するラブストーリー。第6話では、母親と信じて疑わなかった碧がもしかしたら自分と血がつながらない人間なのかもしれないと空がショックを受け思い悩むという展開だった。

 そんな空に大学の同級生で、一緒に漫画を描く同志の光(岡田)は「いいか、俺がいる。大丈夫だ。1人じゃない。(中略)何があっても、俺がいることを忘れるな」と優しく抱きしめる。光の魅力について岡田自身は「光の中で好きという気持ちは無意識」と分析しているが、そんな光の気持ちは視聴者にはダダ漏れ。そこがまた魅力と言えよう。

「シャワーを浴びていた光のもとに空から電話があり、浴室から飛び出して筋骨隆々の肉体美を披露する場面は、『ウチカレ』史上最高のサービスシーンとなりました。SNSにはすぐさま『岡田健史くん演じる光くん男前すぎて、癒ししかない』『光くんの風呂上がりは眼福でしかありませんでした。いい感じの筋肉でしたありがとうございます』『イケメンの筋肉やばい、ほれた』『スタイルいいし、筋肉最高ラブ』『ウチカレの光くん。理想の男子すぎてつらい!』、さらには『岡田健史くんすごい演技上手くなったよねえ』といったコメントを書き込まれています」(芸能ライター)

 岡田は2018年に放送されたドラマ「中学聖日記」(TBS系)で1000人を超える応募者の中からヒロイン・有村架純の相手役に選ばれたシンデレラ・ボーイ。このドラマで「週刊ザテレビジョン」主催のドラマアカデミー賞助演男優賞を受賞したが、お世辞にも演技が上手いとは言えない、粗削りな俳優だった。しかし、2020年は映画「弥生、三月-君を愛した30年-」を含む4本の映画に出て日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。さらに星野源と綾野剛がW主演を務めた連ドラ「MIU404」(TBS系)にもレギュラー出演するなど、着実にステップアップしている。

 今回のドラマで、岡田は確実に爪痕を残しそうだ。

(窪田史朗)

関連リンク

  • 2/24 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます