町田啓太主演『西荻窪 三ツ星洋酒堂』中山美穂、梶裕貴、堀田茜ら追加キャスト発表

拡大画像を見る

俳優で劇団EXILE所属の町田啓太が主演を務めるMBSドラマ特区『西荻窪 三ツ星洋酒堂』の第4話以降に、梶裕貴、小久保寿人、前原滉、堀田茜、中山美穂が出演することが発表された。



本作は、1話放送後には TVer のランキングでゴールデン帯のドラマよりも上位になるなど話題沸騰中。原作は、秋田書店「月刊ミステリーボニータ」で2020年11月号から連載スタートの『西荻窪 三ツ星洋酒堂』。その反響と、深夜ドラマとの相性の良さもあって、連載開始から半年足らずという異例のスピードでドラマ化が決定している。


東京・西荻窪の片隅にひっそりと佇む1軒のバー、“三ツ星洋酒堂”。美しい青年バーテンダーの雨宮涼一朗(町田啓太)、無口なシェフ・中内智(藤原季節)、そしてオーナーの小林直樹(森崎ウィン)、同級生の男性 3 人で営業する小さなバー。このバーには、人生の様々なことに思い悩む人々が、その雰囲気に惹かれて思わず足を踏み入れてしまう不思議な魅力があり、今日も悩みを抱えた客が訪れる―――。そして、三ツ星洋酒堂で働く3人自身も、過去に何かを抱えているようで…。


毎話悩みを抱えるゲストキャストがバーの客として登場、バーテンダー・雨宮が作るカクテルと、シェフ・中内が供する缶詰の料理を味わい、オーナー小林が醸し出すバーの雰囲気に包まれて、そこで思いの丈を吐き出すと、気がつけば、少し前を向けるようになっている、そんな人間模様を描く。



本日、第4話以降の出演者が発表された。第4話には、三ツ星洋酒堂にやってくる客、売れないお笑い芸人・原田晃役で小久保寿人が登場。そして原田の元相方で、事情があり芸人をやめてしまった西寛次役には、梶裕貴が決定。


第5話では、ミュージシャンとしての夢を追う青年・神田幸平役に前原滉、幸平の恋人の崎本里奈役には堀田茜が登場。2人で三ツ星洋酒堂へやってくる。そして、最終話である第6話には、デザイナーとして成功を収め、三ツ星洋酒堂とも縁のある才川尚美役で、中山美穂が出演する。


彼らがどのような思いで三ツ星洋酒堂にたどり着くのか、そこでお酒とカクテルを味わい、三ツ星洋酒堂の3人に触れ、どのように気持ちが変化していくのか、注目したい。




関連リンク

  • 2/24 10:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます