はい、テキトー! 男性が「どうでもいい人」に返すLINE5つ

拡大画像を見る

好きな男性とLINE交換ができたら、とても幸せです。しかし、もしその相手があなたのことを「どうでもいい人」だと思っていたら……。少々話は違ってきます。

もしかしてこの塩対応LINE、脈なしの表れ!?

今回は、「どうでもいい相手に送るLINE」について、男性の本音を紹介していきます。

周りからどう思われてる? めんどうな人度診断

■(1)聞かれたことにしか答えない

自分から会話を振ることはほとんどなく、業務連絡だけ。

やる気のないLINEは、女性が聞いてきたことに返すだけで終わるという淡泊なやりとりになりがちです。その結果、結局は会話のキャッチボールが男性側で止まることが多いですね。

■(2)代わり映えしないスタンプばかり

レスポンスを返す場合でも、スタンプでしか反応しません。

毎回凝ったスタンプを選んで送ってくるのであればいいのですが、どうでもいいと思う内容に対して送るスタンプは、毎回同じものばかりになりがち。

相手がスタンプ一つで会話を終わらせようとしているなら、興味のないサインでしょう。

■(3)ずっと短文でよそよそしい

どうでもいい相手には、「そうですね」「はい」「了解」など、いつも短めのレスばかりになります。なぜかって? 必要以上のやり取りをムダに重ねたくないのです。

さらに敬語を使ってばかりのよそよそしい態度だと、あえて距離を置いている可能性があります。ストレートに、ため口でいいよと伝えてみて、反応を確かめてもいいでしょう。

■(4)デートに誘っても断る言い訳ばかり

デートなど直接会おうと誘ってみても、「機会があれば」「予定がまだわからない」といった言い訳が多めです。会いたい自分に対して、そんなに乗り気ではないという温度差がはっきり感じられたら、見切りをつけることを考えてもよいかもしれません。

誰だってデートに行きたいと思うのは、特別な相手だけですよね。つまりそういうことです。

■(5)既読が付くのが遅い

そもそもどうでもいい女性からのLINEメッセージは、長い間未読にしがち。どうでもいいから放置してしまうのです……。

返すどころか読むのも面倒なこともあります。露骨に既読スルー状態でなくても、返事や反応があるまでの時間があまりに長い場合は、脈はないんだなと覚悟はしましょう。

■どうでもいい人へのLINEは雑でわかりやすい

基本男性はめんどくさがりが多いので、どうでもいい人への反応はわかりやすい部分があります。

LINEの返信が雑なら脈はないかもしれません。逆に言えば、まめにレスポンスがあり、丁寧な内容を返してくれる場合は、あなたのことを大事な人と思っていると考えていいでしょう。

(浜松まくら)

※画像はイメージです

■関連する診断をチェック!

男性心理を探る! LINE脈あり度診断

実は闇を抱えてる? 人間嫌い診断

重い女になってない? 「非モテLINE」診断

関連リンク

  • 2/24 7:10
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます