レヴァンドフスキが快挙! CL通算得点記録でC・ロナウド、メッシに次ぐ歴代3位に

拡大画像を見る

 バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキは、チャンピオンズリーグ(CL)の歴代通算得点ランキングで3位へと浮上した。

 バイエルンは23日、CL決勝トーナメント1回戦・ファーストレグでラツィオと対戦。試合はバイエルンがレヴァンドフスキのゴールで序盤に先制すると、そのまま前半のうちに3得点を奪って流れを決定づけ、最終的に4-1と敵地で大勝を果たした。

 この試合で9分に先制ゴールを奪ったレヴァンドフスキは、これで自身のCL通算得点記録を72へと伸ばした。これにより、レヴァンドフスキはレアル・マドリードなどで活躍した元スペイン代表FWラウール氏の記録を抜き、同記録の歴代単独3位に。同大会の歴史で、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(134)、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(119)に次いで多くのゴールを奪った選手となった。

関連リンク

  • 2/24 8:05
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます