上空で燃え盛る飛行機のエンジン、乗客「機内では聞きたくない爆発音だった」(米)

拡大画像を見る

米ユナイテッド航空の旅客機ボーイング777が今月20日午後、飛行中にエンジンから出火し緊急着陸した。コロラド州デンバー国際空港からハワイ州ホノルルへ向かうはずだった328便には乗客231人、乗務員10人が搭乗していた。

高度を上げフライトは順調に進んでいたかのように見えたが突然、右側のエンジンが爆発したという。その際に機内にいた乗客により、エンジンが火を吹く恐ろしい瞬間が捉えられていた。この動画はTwitterに投稿したミカエラさん(michaela)の両親が同機に乗っており、撮影したものだという。

動画には外装がはがれ落ち、剥き出しになったエンジンが火を上げる様子が映っており、今にも落下してしまいそうに小刻みに揺れている。機体ごと墜落してしまう可能性もあり、その恐怖は計り知れない。

当時機内にいたマイク・ヴィーナさん(Mike Vena)は「私は機内の真ん中あたりに座っていて、突然大きな爆発音が聞こえました。そして機体が震え出し、緊急着陸するまで30分ほど揺れていましたね」と当時の様子を振り返る。

また別の乗客トラヴィス・ルークさん(Travis Loock)は、「飛行機の中では聞きたくないような大きな音がして、すぐに閉めていたカーテンを開けると、エンジンが機能していなかったんだ。この光景を目の当たりにした時は本当に恐ろしかったよ」とその恐怖を明かした。

さらに娘と一緒に搭乗していたブレンダ・ドンさん(Brenda Dohn)は「娘は窓側に座っていたので『外を見ちゃダメ。カーテンを閉めて無事を祈りましょう』と言って、手を繋いでひたすら祈っていました」と恐ろしい体験を話している。

エンジンが炎を上げ始めると機体は高度を保てなくなり、徐々に高度は下がっていったという。パイロットは救難信号を出し、デンバー国際空港へ引き返して午後1時半頃に緊急着陸を行った。

その間もエンジンは燃え続け外装や部品が落下していたといい、それらはデンバー市の中心部にあるコモンズ・パークやノースムア、レッド・リーフなどの地域に降りかかった。

この地区に住むタイラー・サールさん(Tyler Thal)は「家族と散歩をしていた時に、やけに低く飛んでいる飛行機が目に入ったんです。気になって見ていると飛行機は爆発し、部品が落下するのも見えました」と証言した。

落下先では巨大な円形の部品が民家への直撃を避けて玄関先に落ちていたり、剥がれた機体の一部が公園の芝生に落ちていたりしたが、同市のブルームフィールド警察は「幸いにも落下物によるケガ人は出ていない」と公表している。

エンジン故障の原因は分かっておらず、現在も調査が進められているという。

画像は『KING5.com 2021年2月20日付「‘Very rare’: Aviation expert John Nance describes engine failure on Boeing 777-200 near Denver」』『Broomfield Police 2021年2月21日付Twitter「Another photo of debris from a home off Elmwood in @broomfield.」「Additional debris scattered across turf field at Commons Park.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 2/23 21:22
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 別天津神

    3/6 7:42

    こんなん見たら死を覚悟するよねぇ…(´-﹏-`;)

記事の無断転載を禁じます