キリンが生ビールのサブスク、月2回自宅に届く会員制「キリン ホームタップ」

拡大画像を見る

 キリンビールは、本格的な生ビールが自宅で楽しめる会員制生ビールサービス「キリン ホームタップ」の本格展開に合わせ、2月22日から新TVCM「登場篇」、「最初の一杯篇」を全国で放映開始した。

 キリン ホームタップは、月2回ペットボトルに入ったビールが自宅に届き、専用のビールサーバーで注ぐことで、本格的な生ビール体験が自宅で楽しめる、キリン史上初のサービス。2017年からサービスを開始し、その後1年の改良期間を経て19年から再度会員を募集しているが、顧客の生活様式が大きく変わった昨年は、自宅で過ごす時間が増えたことも後押しとなり、多くの顧客から申し込みがあったという。
 定番の「一番搾りプレミアム」のほか、季節や旬にあわせて楽しめるこだわりの限定ビールを毎月3、4種から選ぶことができる。
 新CMは、俳優の中井貴一さんと天海祐希さんが登場し、2人が演じる夫婦のホームタップとの出会いをコミカルに描いている。中井さんはホームタップが欲しくて、妻の説得に手を焼く夫を演じ、天海さんは「いらないと思う!」と夫の説得をバッサリと却下する妻を演じている。「最初の一杯篇」では、そんな妻が、初めての一杯を夫から注いでもらい、うれしそうにホームタップを楽しむ微笑ましいシーンにも注目とのこと。
 海を望む解放感あふれる自宅で、中井さんが自ら注ぐきめ細かい泡のビールはまさに特別な一杯。2人がビールを楽しむ様子は、夫婦で過ごす「特別なひととき」を演出するホームタップの世界観を表現している。これからの暖かい季節を思わせる爽やかなCMに仕上がっている。
 キリン ホームタップの価格は、月額基本料金が3190円、ビール1L×2本×月2回で5060円から。

関連リンク

  • 2/23 18:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます