スクラッチ宝くじで妊娠を伝えた女性 夫の反応に笑顔が溢れる(米)

拡大画像を見る

米アリゾナ州フェニックス在住のヘイリー・バエズさん(Hayli Baez)は今月16日、1本の動画をYouTubeに投稿した。動画では、困惑した様子のヘイリーさんが「信じられない! 妊娠したみたい!」と陽性反応の出た妊娠検査薬を映している。予想外の出来事だったようで、ヘイリーさんは状況が飲み込めず何度も検査薬を確かめていた。

そんなヘイリーさんだが、実は以前から妊娠した時の夫への伝え方を決めていたという。それは宝くじに見せかけた妊娠報告用のスクラッチカードを削ってもらうというものだった。

あらかじめスクラッチカードを準備していたヘイリーさんは、さっそく実行に移した。キッチンにカメラをセットし夫のリックさん(Rick)を呼び出して待つ間、妊娠した喜びとリックさんが喜んでくれるかどうかの不安でヘイリーさんは落ち着かない様子だ。

そしてリックさんが来ると「結構前に買ったんだけど、一緒に削って結果を見てくれない?」と言ってスクラッチカードを渡した。リックさんは「1億円当てちゃったらどうしよう」と冗談を言いながら、コインを使って削り始めた。

ヘイリーさんが用意したスクラッチカードは、左枠の中をいくつか削って同じマークが3つ揃えば右側の当選金額の場所を削ることができるというものだ。リックさんは次々と削り「コインマークが2つ、お宝マークが2つ、ネックレスマークが2つ。ああ! 揃わないよ!」と悔しがっている。

続けて「金の延べ棒マークが2つ、指輪のマークが2つ。金の延べ棒マーク3つ!」とマークが揃うと、ヘイリーさんは「何が当たったの?」と語尾を強くして興奮気味に聞いた。

リックさんは右枠の当選金額の部分を削り、出てきた“赤ちゃん(Baby)”という文字を見て「何これ?」と困惑しながらも残りの部分を削り続けている。そしてすべてを削り、“私達は子どもを授かりました”という文を見るとハッとしてヘイリーさんの顔を見上げ、叫んで喜びを爆発させた。

この動画がYouTubeやTikTok、Twitterなどに投稿されると、ユーザー達からは「叫んで喜ぶ姿を見たら、なんだか涙が出てきたよ。おめでとう!」「これは最高のリアクションだね」「この動画見てると、こっちまで笑顔になっちゃうよ」「旦那さんの反応は本当にプライスレスだ」と多数のコメントが寄せられた。

なおヘイリーさんとリックさんの間にはヘーゼルちゃん(Hazel)という2歳の娘がおり、今回は2人目の妊娠となった。ヘーゼルちゃんもお姉ちゃんになれることを喜んでいるといい、まだ性別は分かっていないのに「妹? 弟?」と毎日ヘイリーさんに聞いているという。

ちなみに今回の妊娠検査薬は2本線が現れることで陽性となり、妊娠していることを意味するが、画面に映された妊娠検査薬には線が1本しかないように見える。動画の最後の方でリックさんも「僕だったらこれを見ても陰性だと思っちゃうよ。でも本当によく見るとうっすら線が見えるね」と語っており、ヘイリーさんは「2本目の線は微かにしか見えないけど、1か月間、毎日同じものを見ていればこの微かな線でも陽性だって分かるのよ」と笑って話していた。

画像は『People.com 2021年2月19日付「Woman Uses Gag Scratch-Off Lottery Ticket to Tell Husband She’s Pregnant: See His Exuberant Reaction」』『Etsy 「6 or 12 PACK - Pregnancy Announcement Lottery Scratch-Off Tickets - Looks Authentic - 4x6 Inch - LOOKS REAL! Great Customer Feedback!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 2/23 5:05
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます