キングコング 西野亮廣 「吉本興業退社」ケンカ別れの後始末

拡大画像を見る

 お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣(40)が長年所属していた吉本興業を退社した。一部報道では、自身が原作となる絵本の制作から映画の脚本、プロデューサーまで手がけた映画『えんとつ町のプペル』の宣伝方法が原因とされているが、本人はこれを否定している。

※動画は「taishu.jp」で

 この退社劇の真相はどんなところにあるのか、このほど大人気企画『日刊大衆プレゼンツ 芸能ぶっちゃけ座談会』で徹底分析された。

 座談会では、吉本興業の会長・大﨑洋(67)との関係について、また西野とマネージャーとのやり取りで起きた「あるトラブル」について、さらに先日同じく吉本興業を退社したオリエンタルラジオとの「ある対応の違い」についても話はおよび、白熱のトークが展開された。

 出演は、フリーアナウンサーの朝妻久美さん、芸能リポーターの佐々木博之氏、またメディアジャーナリストの浦憲三氏が音声のみで参加し、司会と進行をAKB48の論客として知られる芸能評論家の三杉武氏がつとめた。

 その気になる内容については、以下の動画でぜひご確認を!

https://youtu.be/aLzOBIkBDCM

関連リンク

  • 2/22 21:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます